FC2ブログ

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機49

飛行第64戦隊 11

飛行第64戦隊は
奮戦し最後まで南部仏印に留まり
戦闘を継続していましまが
1945年にもなると
日本本土沖縄が占領される等
戦いの中心は
日本本土へと向かって行いました
よって
南部仏印の日本軍は
補給を断たれ孤立してしまいました
しかし
この戦域は
ある程度の戦力を温存していましたので
終戦まで連合軍に屈する事は有りませんでした
真偽は定かでは有りませんが
南部仏印の日本軍で独立し徹底抗戦するとの噂も有ったそうです
実際
復員せずに
現地の軍隊やゲリラに入隊した日本兵もいたらしいです
そのよう中
飛行第64戦隊は
隼 Ⅲ型 18機を保有いちおうの戦力は保持していました
しかし
それも進軍して来たイギリス軍により
武装解除されてしまいました
そこで
ひとつ有名なエピソードが生まれました
屈強な飛行第64戦隊の活躍はイギリスでも有名で
最後のフィナーレに
隼とスピットファイアの二機編隊飛行を行うことになり
エースパイロットの搭乗した二機の戦闘機は
日英関係者の前で超低空飛行等を披露
超低空から急上昇するスピットファイアを追う隼とでフィナーレを迎えたそうです
これで
加藤隼戦闘隊こと
飛行第64戦隊の活躍は終わりましたが
隼の話しはもう少しだけ続きます

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎 日本陸軍戦闘機48

飛行第64戦隊 10

近年の調査によると
飛行第64戦隊を含む
ビルマ戦線の一式戦闘機 隼は
1943年7月~1944年7月にかけて
連合軍航空機135機を撃墜
それに対して
被害83機
その撃墜機種の中には
スピットファイアやP-51 ムスダン等の新鋭機も含まれ
大戦中期を過ぎても
一式戦闘機 隼は
連合軍航空機に対して十分な戦闘力を持っていたと考えられます
これは
大戦中期以降
急激に戦闘力が低下した零戦とは
大きな違いで
恐らく
飛行第64戦隊等
ビルマ戦線隼部隊の練度の高さによるものと思われます
また
この頃になると進行戦だけではなく
迎撃戦も増え
ビルマ方面の敵機監視態勢は
レーダーと監視所が
日本軍としては充実していたようで
ある程度
有利な態勢で撃墜戦を行えたようです

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎 日本陸軍戦闘機47

飛行第64戦隊 10

敵偵察機 P-38やモスキートが
高高度を高速で進入して来た時
隼で追撃するのですが
普通に追いかけても隼では追い付けません
そこで
敵偵察機より少し高めの高度から
加速しながら敵偵察機の下後方へ付きます
しかし
近づき過ぎると見つかりますので
敵偵察機がゴマ粒ほどに見える距離までです
この位置で付いて行けば
敵偵察機からは死角ですので
見つかる可能性は低いです
敵偵察機が危険地帯を抜けて
速度を巡航速度に落とした時がチャンスで
そうなれば
隼でも追い付けます
そして後方から攻撃するのです
このようにして
撃墜されたP-38のパイロットとの有名なエピソードがあります
偵察に来たP-38を撃墜した隼のパイロットが
ラングーンで捕虜となった敵パイロットと会い
握手を求められて
撃墜された日は
私の結婚記念日だったと告げられたそうです
漫画にもなった有名なエピソードです

モデラーの空軍基礎 日本陸軍戦闘機46


飛行第64戦隊 9

単機進入して来た敵偵察機は
安全確保の為
高高度高速で進入して来ますが
危険地帯をある程度過ぎると
速度を巡航速度まで落とし
場合によって高度も落とします
これは
高速飛行は燃費が悪く
発動機の負担も大きく長時間維持するのはリスクが有るのです
それと
高高度飛行は
与圧されていないコックピットだと
搭乗員の身体に大きな負担を与えますので
長時間は難しいのです
つまり
敵偵察機に見つからずに
付いて行けば
撃墜のチャンスが有ると言うことです

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎 日本陸軍戦闘機45

飛行第64戦隊 8

単機で
高高度を高速で進入してくる
敵偵察機を捕捉撃墜するのは
難しかったようです
P-38ライトニングを改造した偵察機に
後ろ上方から攻撃をかけても
降下しながら加速されたら
隼では追い付けません
そこで採られた作戦が
送り狼です
高高度を高速で単機進入して来る敵偵察機は
索敵機と違い
爆撃機目標の撮影が目的ですので
進入して来たところを撃墜しなくても
敵飛行場に帰還するまでに撃墜すればよいのです
つまり
進入して来た
敵偵察機に付いて行って撃墜の好機をうかがう作戦です

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR