FC2ブログ

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機79

二式単座戦闘機 鍾馗

1938年代後半
中島飛行機は
日本陸軍から重戦闘機 キ44のちの鍾馗
試作開発を受けましたが
問題は発動機でした
極端な話
戦闘機の性能は発動機で
ほぼ決まります
簡単に言うと
1000馬力未満の空冷発動機の戦闘機で
時速600km以上出すのは
かなり無理が有ります
色々バランスの取れた機体を設計すると
時速500km前後が妥当です
これは
1000馬力未満の発動機で
必要な燃料の量
必要な機体の大きさを決めれば
ある程度速度の予測が出来ます
つまり
1000馬力未満の発動機で出せる性能のキャパが
時速500km前後なのです
つまり
日本陸軍からの条件として
時速600km以上とありましたので
二式単座戦闘機 鍾馗は
少なくとも
1000馬力以上の発動機を搭載しないと
日本陸軍の要望に応えられない事になるのです

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機78

二式単座戦闘機鍾馗

日本陸軍から
二式単座戦闘機鍾馗の設計は
速度重視との事でしたが
日本海軍の似たような性格の戦闘機 雷電が速度重視で
ある程度対爆撃機に特化したのに対して
二式単座戦闘機は
あくまで高速の戦闘機で
敵戦闘機と爆撃機両方が相手でした
ですので
高速軽快な敵戦闘機に勝てる性能
すなわち
敵戦闘機をに勝てるだけの運動性も
兼ね備える必要がありました
これは
敵戦闘機との戦闘を
一撃離脱戦法に特化すれば
あまり問題は無いと思うのですが
当時は
97式戦闘機による
格闘戦花盛りの時代でしたので
日本陸軍上層部が
一撃離脱主眼の高速戦闘機を望んでも
現場のパイロットから
格闘戦の出来ない戦闘機は
使えないと
意見される事が予想されていました
これは難題で
飛行機の設計上
速度と運動性は相反する特性で
両立させるのは不可能でした
当時は
どちらかを妥協して
納得できるバランス点を探すしか有りませんでした





テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機77

二式単座戦闘機 鍾馗

1940年代初頭
日本陸軍戦闘機は
当時最新の戦闘機 メッサーシュミット bf109 に勝てる事が
採用の基準となっていました
これは
いまから新しく作る戦闘機が
既存の戦闘機に劣っては
意味が無いとの考えからでした
それでは
日本陸軍は
中島飛行機にどのような性能を要求したかと言うと
二式単座戦闘機 鍾馗
最高速度 600km以上
高度5000mまで5分以内に到達
行動半径600km
これに対して
少し早く発注された
一式戦闘機 隼の性能要求は
最高速度 500km以上
高度5000mまで5分以内に到達
行動半径800km
この二機種を比べると
性格がはっきり分かれており
二式単座戦闘機 鍾馗は
速度重視
一式戦闘機 隼は
航続距離重視
逆に
二式単座戦闘機 鍾馗は
航続距離はあまり求めない
一式戦闘機 隼は
高速性能はあまり求めない
このように
二式単座戦闘機鍾馗は
求められる性格がはっきりしていましたので
航続距離を減らして
燃料の搭載量を減らし
その分機体を小型軽量すれば
簡単に出来ると思われましたが
実際は
難しかったようです

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機76

二式単座戦闘機 正面

二式単座戦闘機 鍾馗が開発されていた
1930年後半は
ヨーロッパでは
すでに
メッサーシュミット bf109 や スピットファイアが就役しており
日本陸軍は
戦闘機の性能の基準を
メッサーシュミット bf109 としていました
これは
当時最強戦闘機の1つとされ
軽量小型の機体に
コンパクトな翼を付け
強力な水冷式エンジンを搭載
速度重視の設計でしたが
わりあい運動性も良く
上昇力も悪く有りませんでした
この機体は
一撃離脱戦法を得意とし
二機がチームとなるロッテ戦術を駆使し戦果を上げていました
ロッテ戦術とは
アタッカーが攻撃に入る際
ディフェンスが
警戒掩護する事により
アタッカーは
攻撃に集中出来ると言う戦術です
ノモンハンでの航空戦で
近代航空戦を体験していた日本陸軍は
メッサーシュミット bf109 の機体と戦術両方に興味を持ち
1941年
研究の為メッサーシュミット bf109 を三機輸入し
このメッサーシュミット bf109 より高性能なことが
1940年代初頭の陸軍戦闘機の採用基準となりました



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機75

二式単座戦闘機 鍾馗

日本陸軍が中島飛行機へ
開発依頼した大まかな内容は
高速で敵を追撃し
高火力で敵を撃破し
優れた上昇力で敵爆撃を撃破する
となっており
速度 火力 上昇力を優先していました
しかし
日本海軍の局地戦闘機 雷電が
対爆撃機として設計開発されていましたが
鍾馗は
あくまでも
高速戦闘機として開発され
敵の戦闘機にも勝てる戦闘機として発注されていました
この考えが
後の傑作機 四式戦闘機 疾風へと繋がります
しかし
それは先の話しで
この時点では
重戦闘機も高速戦闘機も未経験な日本でしたので
当時
新鋭機として話題になっていた
メッサーシュミット bf109 の翼面荷重や翼面積などを参考に
中島飛行機で設計に入りました

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR