HG オーラバトラー レプラカーン作成

次回作決定です(^o^)/
凄く久しぶりに
ガンダム以外のアニメキットを作ります
てな事で
オーラバトラー
HG レプラカーン
今日は基本組立と顔を弄りました
顔を小顔化し
ちょっと目つきを悪くしてみました(^o^)

HGオーラバトラー レプラカーン (^o^)/

今日は
基本塗装
シールドに模様を入れてみました
何か
ナマコみたい(笑)


HG オーラバトラー レプラカーン 完成です(^o^)/
今回
真っ赤なレプラカーン
赤鬼をイメージして作ってみました(^o^)/
結構古いキットですが
顔を弄っただけで
なかなかいい感じになったと思います(^o^)/

20180513162523e49.jpeg

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機9

一式戦闘機隼 誕生3

日本陸軍から中島飛行機へ
出された設計条件は
当時の最強を狙った性能でした
無論97式戦闘機と同じ発動機では
実現不可能でしたが
新型発動機 ハ25(海軍名 栄)が完成していましたので
これを採用し設計する事ににりました
戦闘機の設計で重要な事の1つが
発動機の選定で
発動機選定によって
戦闘機の性能や性格を決めてしまうほどの重要な要因でした
まず発動機が決まると
燃費が決まり
そこから必要な燃料の量が決まり
機体の大きさが予測出来るようになり
機体の大きさが予測できれば
機体重量や速度及び運動性能等が予測出来るようになります
つまり
発動機が決まらないと
戦闘機は設計出来ない事になります
その為
隼の設計は
97式戦闘機の発動機 ハ1乙(海軍名 寿)610馬力から
ハ25 980馬力と強力な発動機を選定する事により
高性能化を計りました

次回
隼誕生4

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機8

隼の誕生2

隼の前の主力戦闘機
97式戦闘機戦闘機は
格闘戦に優れ速度も最高時速470km当時の水準としては満足いくものでした
しかし
航続距離が短く
防御面が弱く武装も7.7mm機銃二丁と貧弱で
外観も固定脚の為いささか古い感じがしました
97式戦闘機の600馬力級エンジンでは限界がきていました
この頃の他米英独等の次期戦闘機は
引き込み脚を採用し
1000馬力級エンジンを搭載し最高時速は500km以上 武装は12.7mm機銃以上で防御力も向上する事が予測されていました
そこで
日本陸軍は
中島飛行機にたいして
97式戦闘機並みの格闘戦性能を持ち
最高速度は時速500km以上
行動半径800km以上
引き込み脚の採用
を要求してきました
これは
97式戦闘機に比べて速度で10%以上
行動半径に至っては二倍以上
さらに
重量がかさむ引き込み脚の採用
行動半径を増やす事で燃料搭載量が増え
これもまた
重量がかさむ原因となりました
これは
かなり難しい性能要求でした
しかし
この頃になると
日本でも
1000馬力級エンジン生産の目処がたっていましたので
新型のエンジで設計する事になりました

次回
隼誕生3


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機7

隼の誕生 1

日本陸軍から中島飛行機へ
隼の設計が発注されたのは
1937年12月でした
この頃は
日中戦争が始まった年で
日本陸軍の主戦場は中国でした
1937年の日本陸軍の戦闘機は
97式戦闘機が誕生し部隊配備が始まった頃でした
97式戦闘機は
小型軽量で格闘戦を得意とする戦闘機で
対戦闘機戦に優れた機体でした
速度も当時の水準からいくと満足できる速度でした
しかし
航続距離だけは短く
97式戦闘機の行動の制約となっていました
それは
97式戦闘機は
発動機の馬力が低い為
小型に設計されていた為に
長距離を飛ぶのに必要な燃料を積むことが出来ませんでした
しかし
中国での戦闘は近距離での戦闘がほとんどでしたので
さほど問題にはなりませんでした
しかし
日本陸軍上層部は
97式戦闘機では将来の発展性が低いと判断し
中島飛行機にたいして
次期戦闘機の開発をいらいしました
実は
この中島飛行機に指名発注したと言うのは
それまでの陸軍としては異例の事で
それまでは
基本的に2社に試作機を発注して
その出来上がった2社の試作機のどちらが優秀か審査して
優秀な方を採用するトライアル方式でしたが
この隼の頃から
1社指名の発注に変わっていました
これは
2社指名によるトライアル方式だと
必ず1社の試作機は不採用になりますので
その分の労力が無駄になります
当時の日本では
戦闘機を設計できる会社は
中島三菱 川崎 の3社でしたので
無駄な設計をさせる余裕は有りませんでした
よって
隼は中島飛行機の1社指名での設計となりました

次回
隼の誕生2

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機6

日本陸軍戦闘機6

キ43 一式戦闘機 隼

エンジンの音
轟々と隼は征く雲の果て

映画 加藤隼戦闘隊で有名になった隼
では
隼とはどのような戦闘機だったのでしょうか?
ズバリ
第二次世界大戦の帝国陸軍航空隊の主力戦闘機でした
有名な日本海軍の零戦と同じように
太平洋戦争が始まったその日から最後の日まで戦った
日本陸軍を代表する戦闘機です
しかし
日本海軍の零戦が
終戦の日まで主力であったのに対して
日本陸軍の隼は
改良され性能は向上していましたが
流石に
戦争終盤には基本的に旧式となっていましたので
主力戦闘機の座はキ84 四式戦闘機 疾風に譲っていましたが
生産生産の良さから
数を揃える為に終戦まで生産されていました
それは
隼が終戦の頃まで戦闘機として
ある程度戦力になったからです
これは
隼が優れていたからに他なりません
では
隼とは
どのようにして誕生したのでしょうか?

次回
隼の誕生

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR