FC2ブログ

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機87

二式単座戦闘機鍾馗

二式単座戦闘機鍾馗は
高速戦闘機として開発された為
その高速化の手段として
空気抵抗は大きくなるが
爆撃用の大型高馬力の発動機の採用
主翼の小型化による
空気抵抗の減少による
発動機の馬力の速度向上への有効活用が
主な高速化の手法でした
そこで
鍾馗は
小型の主翼が採用されたのですが
どれくらい小型の翼かと言うと
当時
小型の高速重戦闘機として登場した
メッサーシュミット bf109 戦闘機の翼が
約16平方メートルにたいして
サイズ的にあまりかわらない
二式単座戦闘機鍾馗が
約15平方メートルと
メッサーシュミット bf109 よりも
小型の翼を採用していました
翼のサイズは
機体や重量その他の兼ね合いが有りますので
他の機種と比べても参考程度にしかなりませんが
鍾馗の設計陣は
メッサーシュミット bf109 よりも翼が小さかった事に
歓喜したそうです

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR