FC2ブログ

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機76

二式単座戦闘機 正面

二式単座戦闘機 鍾馗が開発されていた
1930年後半は
ヨーロッパでは
すでに
メッサーシュミット bf109 や スピットファイアが就役しており
日本陸軍は
戦闘機の性能の基準を
メッサーシュミット bf109 としていました
これは
当時最強戦闘機の1つとされ
軽量小型の機体に
コンパクトな翼を付け
強力な水冷式エンジンを搭載
速度重視の設計でしたが
わりあい運動性も良く
上昇力も悪く有りませんでした
この機体は
一撃離脱戦法を得意とし
二機がチームとなるロッテ戦術を駆使し戦果を上げていました
ロッテ戦術とは
アタッカーが攻撃に入る際
ディフェンスが
警戒掩護する事により
アタッカーは
攻撃に集中出来ると言う戦術です
ノモンハンでの航空戦で
近代航空戦を体験していた日本陸軍は
メッサーシュミット bf109 の機体と戦術両方に興味を持ち
1941年
研究の為メッサーシュミット bf109 を三機輸入し
このメッサーシュミット bf109 より高性能なことが
1940年代初頭の陸軍戦闘機の採用基準となりました



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR