モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機7

隼の誕生 1

日本陸軍から中島飛行機へ
隼の設計が発注されたのは
1937年12月でした
この頃は
日中戦争が始まった年で
日本陸軍の主戦場は中国でした
1937年の日本陸軍の戦闘機は
97式戦闘機が誕生し部隊配備が始まった頃でした
97式戦闘機は
小型軽量で格闘戦を得意とする戦闘機で
対戦闘機戦に優れた機体でした
速度も当時の水準からいくと満足できる速度でした
しかし
航続距離だけは短く
97式戦闘機の行動の制約となっていました
それは
97式戦闘機は
発動機の馬力が低い為
小型に設計されていた為に
長距離を飛ぶのに必要な燃料を積むことが出来ませんでした
しかし
中国での戦闘は近距離での戦闘がほとんどでしたので
さほど問題にはなりませんでした
しかし
日本陸軍上層部は
97式戦闘機では将来の発展性が低いと判断し
中島飛行機にたいして
次期戦闘機の開発をいらいしました
実は
この中島飛行機に指名発注したと言うのは
それまでの陸軍としては異例の事で
それまでは
基本的に2社に試作機を発注して
その出来上がった2社の試作機のどちらが優秀か審査して
優秀な方を採用するトライアル方式でしたが
この隼の頃から
1社指名の発注に変わっていました
これは
2社指名によるトライアル方式だと
必ず1社の試作機は不採用になりますので
その分の労力が無駄になります
当時の日本では
戦闘機を設計できる会社は
中島三菱 川崎 の3社でしたので
無駄な設計をさせる余裕は有りませんでした
よって
隼は中島飛行機の1社指名での設計となりました

次回
隼の誕生2

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR