FC2ブログ

モデラーの海軍基礎知識85 水雷戦隊63

日本駆逐艦の変化2

大平洋戦争開初頭
日本駆逐艦の主力は
特型駆逐艦 吹雪型から始まる夕雲型までの艦隊型駆逐艦が主力でした
これは
排水量 2000t前後 主砲12.7cm連装砲3基6門 魚雷発射管8~9門 速力35kn
対艦兵装が充実していましたが
対空兵装はほぼ皆無で
対空機銃を搭載している艦も有りましたが
基本的に対空機銃は射程が短く
自艦を守る程度の威力しか有りませんでした
艦隊を敵機から守るには
高高度まで届く長射程の対空砲が必要でしたが
艦隊型駆逐艦に搭載されている12.7cm砲は
基本的に対艦用で対空砲ではなく
仰角(砲身を上に向ける確度)を上げて
空に向けて撃てるようにした艦も有りましたが
照準装置等が対空戦闘向きではなく
命中率は
あまり期待できませんでした
対潜水艦に関しては
ソナーを搭載していない艦も有り
基本は
敵潜水艦の潜望鏡を探し近づき
爆雷を投下すると言う物でした
つまり
開戦当初の日本駆逐艦の大半は
敵艦を攻撃するのは得意でしたが
敵機と潜水艦を相手にするのは苦手でした

次回
新型駆逐艦



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR