FC2ブログ

モデラーの海軍基礎知識45 水雷戦隊19

第三次ソロモン海戦1日目
第三次ソロモン海戦は
大きく分けて
一夜目と二夜目の大きな2つの夜戦に分かれています
まず1日目の日本艦隊の戦力は
戦艦 比叡 霧島
第十戦隊(水雷戦隊) 軽巡 長良 駆逐艦6隻
第四水雷戦隊 駆逐艦 8隻
大艦隊でした
1942年11月13日深夜
日本艦隊は
高速戦艦 比叡 霧島を中心に駆逐艦の傘を被せた様な陣形で進み
その右前方を駆逐艦 夕立 春雨 朝雲 村雨 五月雨が警戒していました
これら艦隊が
ガダルカナル島 アイアンボトムサウンドへ近づいた頃
急にスコールが襲い凄い雨で視界が悪くなったので
艦隊は回れ右をして引き返しました
しばらくすると
スコールは上がり天気は回復しました
観測用の水上飛行機もガダルカナル島へ向かい
晴れているとの事でしたので
艦隊は再度回れ右をしてガダルカナル島へ向かいました
この時
右前方に位置していた駆逐艦 夕立 春雨が
比叡 霧島のかなり近くまで寄ってしまっていました
後の朝雲 村雨 五月雨は比叡 霧島の後方へ下がってしまいました
レーダーを持たない日本海軍は
お互いに艦の位置が把握できなかった為
崩れた隊形のままガダルカナル島へ向かっていました
しかし
この隊形の崩れが後に思わぬ混乱を引き起こす事になります
比叡 霧島は二度の回れ右で
ガダルカナル砲撃の時間がかなり遅れたので
ガダルカナル島到着後直ぐに艦砲射撃が出来るように
飛行場砲撃用の砲弾を主砲に装填していました
これは軍艦に撃っても効果が低い弾種でした
この時点で
日本海軍は米艦隊を確認していませんでしたが
米艦隊は
レーダーで日本艦隊を捕捉
日本艦隊を待ち伏せていました
次回
混戦

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR