FC2ブログ

モデラーの海軍基礎知識43 水雷戦隊17

珍しい獲物
1942年10月下旬
日本陸軍はガダルカナル島ヘンダーソン飛行場へ総攻撃を予定していました
そこで
1912年10月26日南太平海戦が発生しました
日本海軍空母機動部隊は陸軍支援の為
ガダルカナル島支援の米空母機動部隊と戦闘になりました
結果は
日本空母機動部隊の勝利でしたが
ここで
日本駆逐艦が意外な獲物仕留めたのです
日本空母機動部隊は米空母を撃破
日米の空母戦の勝敗が見えてきたころ
日本空母機動部隊の前方の部隊に残敵掃討の指示が出されました
日本機動部隊は
戦艦 比叡 霧島 重巡 鈴谷 利根をはるか前方へ配置
日本空母機動部隊へ向かう米軍機の発見および吸収
米空母機動部隊へ行き帰りする
日本機の道標の役割をさせていました
これらを護衛していたのが第10戦隊の駆逐艦7隻でした
これら残敵掃討部隊は
水上偵察機の情報により
敵艦隊は空母を放棄し集結退却中との情報を得て
この敵艦隊を捕捉するべく高速で追跡しました
夕闇迫るころ
残敵掃討部隊は
燃え盛る巨艦とそれを砲撃して沈めようとする駆逐艦二隻を発見
駆逐艦二隻は此方に気付き逃走を始めました
一度全力で逃げられると再度捕捉するのは難しくなります
ここで残ったのが燃え盛る巨大な米空母でした
日本艦隊は連合艦隊司令部へ報告すると
曳航し持ち帰るように指示がでましたが
火災があまりに酷く不可能でした
そこで
日本艦隊の二隻の駆逐艦 秋雲 巻雲が空母にとどめを刺すため魚雷を発射
空母を沈めました
日本の駆逐艦で米空母に魚雷を命中させたのは
これが唯一でした
ちなみに
巻雲は空母に魚雷を撃ったのは二度目で
一回目は
ミッドウェーで空母飛龍を処分する時でした
それと
海戦後捕りょの証言で沈没した空母はホーネットと判明
東京を初空襲 ミッドウェーで活躍した因縁深い空母でした
次回
大激戦の始まり

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR