FC2ブログ

モデラーの海軍基礎知識25 マリアナ沖海戦4

マリアナ沖海戦4
米軍海軍も新兵器を投入していました

この戦闘で米海軍も新兵器を投入していました
まず
グラマンF6Fヘルキャット
この戦闘機は
先のトラック島空襲の頃から配備されていましたが
日本戦闘機と本格的に戦ったのは
マリアナ沖海戦で
零戦と比べると
馬力は二倍 速度は50km程速く頑丈で運動性も悪くない優秀な戦闘機でした
欠点は
見た目ぐらい?
この優秀な戦闘機を米海軍機動部隊は
レイダーと無線による指示誘導システムを作り上げて
効率良く進入してくる敵機に向かわせていました
これは
敵機を進入して来る方角に
高性能レイダーを搭載した駆逐艦を配置
そこで捉えた敵機を
レイダー搭載のTBFアベンジャーが追跡
情報を米艦隊へ送信し迎撃機を上げる
米艦隊レイダー捉えた敵機方位高度をもとに
味方迎撃機を有利な位置に誘導するシステムです
これにより
マリアナ沖海戦で日本空母艦載機は
米迎撃機の奇襲にあい
多数が撃墜されてしまいました
これが有名な
マリアナの七面鳥撃ちです
しかも
米海軍が準備していた新兵器はこれだけではありませんでした
それは
対空砲に使用する弾の改修で
敵機の近くを弾丸が通ると自動で弾丸が炸裂
近くの敵機を破壊撃墜すると言う物です
それまでの対空砲を弾は
敵機の高度を予測して
そこに弾が到達する時間を予測して炸裂させる時限信管でしたが
米海軍は
対空砲の中に簡易的レイダーを入れて
敵機の近くを通ると炸裂するようにしていました
これで
対空砲の命中率が飛躍的に向上しています
これら新兵器により
マリアナ沖海戦以降の米空母機動部隊には
生半可な攻撃では通用しなくなりました


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR