FC2ブログ

モデラーの空軍基礎知識12 急降下爆撃(^-^)/

急降下爆撃急降下爆撃は
その名のとおり急降下し爆弾を落とす爆撃法です
急降下し爆撃を投下する理由は
高高度から
爆撃を落とすだけでは目標になかなか命中しません
高高度だと目標まで距離があり
目標は小さく見えますが
急降下すると目標までの距離が近くなり
目標は大きく見えますので命中率が上がります
なお急降下爆撃は
約6000mから目標をめがけて
一気に1000m~600mまで急降下し爆撃を投下します
すると爆弾は急降下爆撃機の前方へ
ほぼ直線的に落ちて行きますので
狙いも定め易いです
よって急降下爆撃は命中率が良く
日本機動部隊の急降下爆撃機 99式艦上爆撃機は 
ベテランパイロットの多かった大戦序盤
英軽空母 ハーミスを撃沈した時の爆弾の命中率は82%だったと言われています
このように命中率が高い急降下爆撃ですが
弱点も有りました
急降下爆撃を行うには
専用の急降下爆撃機が必要で
水平爆撃と違い
どの飛行機でも出来るとはいきませんでした
また
急降下爆撃は一直線上に敵に襲いかかりますので
動きが予想し易く
対空砲火で撃墜され易い機種でした
実際
日本機動部隊は南太平洋海戦で敵空母を撃沈しましたが
米機動部隊の対空砲火は激しく
日本機動航空機は大被害をだしてしまいました
特に急降下爆撃の被害が酷く
その後 
日本機動部隊は空母艦載機搭乗員を揃えるのに苦労しています
それと最大の弱点として
急降下爆撃は命中は高いが
威力は小さいのです
高高度から落とす水平爆撃と違い
急降下爆撃は
目標の近くで軽めの爆弾を落とすため
どうしても落下の加速が弱く
貫通力の面で不利で
装甲に覆われた戦艦等には効果が薄く
艦の表面を壊すだけで
船体に致命傷を与え浸水させ沈没させるのは難しかったそうです
実際
戦艦大和の46cm砲塔は急降下爆撃を受けましたが
かすり傷ていどしか付かなかったそうです
スマート爆撃や対地ミサイルが開発された現在では
急降下爆撃はリスク対効果が低いので
ほとんど
使われなくなりました


模型・プラモデルランキングへ










テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR