FC2ブログ

モデラーの空軍基礎知識10 水平爆撃と急降下爆撃(^-^)/

水平爆撃と急降下爆撃第二次世界大戦の頃までは
爆撃の方法として
水平爆撃と急降下爆撃が主力でした
それでは
なぜ 爆撃の方法は2種類有るのでしょうか?
それは
命中率に関係があるのです
水平爆撃は基本的に
高度3000m以上の高度を飛行し
目標の若干手前で投弾します
それに対して
急降下爆撃は
高度6000m前後で目標地域に進入
そこから
一気に1000~500m位まで急降下投弾します
この2種類の爆撃法の違いは
投弾高度の違いになります
この高度の違いにより
何が変わるかと言うと
ズバリ命中率が変わるのです(^-^)/
水平爆撃に比べて急降下爆撃は
圧倒的に命中率が高いのです
それはなぜかと言うと
急降下爆撃は
水平爆撃に比べて
圧倒的に目標の近くで投弾するので
命中率が高くなるのです(^-^)/
それなら
水平爆撃はやめて
全部急降下爆撃にすれば命中率が上がるのでは?
てな気がしますが
実は
一長一短が有るのです
次回に続く(^-^)/


模型・プラモデルランキングへ












iPhoneから送信

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR