FC2ブログ

モデラーの空軍基礎知識5 戦闘機無用論(^-^)/

戦闘機無用論太平洋戦争開戦前1935年前後
日本陸海軍航空関係者の間で
論議されていたのが戦闘機無用論で
これは
爆撃機が高速になった為
戦闘機での追撃が困難になり
また
追撃に成功しても
当時の戦闘機の7.7mm機銃では威力が弱く
中型機の撃墜は困難であり
逆に
戦闘機が近づいた際
爆撃機の集中砲火を浴びて撃墜されてしまうとの考えでした
特に陸軍は
この考えが顕著で
高速重武装に性能を割り振った分は
爆弾搭載量を減らして
その分
反復攻撃で補う考えでした
そうした思想の元当時新採用されたのが
海軍96式陸上攻撃機や陸軍97式重爆撃等で
高速で航続距離が長く重防御砲火の機体になっていました
しかし
いざ日中戦争の実戦で使ってみると
護衛戦闘機の無い爆撃機での長距離爆撃機は
敵戦闘機の迎撃に会い少なくない被害を出しています
大戦後半
難攻不落と言われたB29ですら
一回の作戦でま25機も失った事もありますので
爆撃機だけでの敵地攻撃には
無理があったようです
てな事で
1930年後半
これら長距離爆撃の被害を減らすにはどうすればよいか?
ってな議論になっていきました
次回
やっぱり戦闘機いりますです(^-^)/


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR