プラモが作りたくなるネタ22 零戦の機銃

零戦の写真を見たりプラモを作っていたりすると
零戦って後期の型になると
翼の機銃が長くなり翼からとび出て格好良いですよね
この長い機銃と短い機銃の違いってなんでしょうか?
ズバリ機銃の銃身から弾が出た時の弾速(砲口初速)が違うのです(^-^)/
零戦に搭載された機銃は
九十九式20mm(粍)機銃です
その中で大きく分けて
九十九式20mm一号機銃と二号機銃が有ります
一号は初期の零戦に装備され
7.7mm~12.7mm銃が主流だった頃に
零戦は20mm銃を装備しましたので
その威力は破格の物でした
特に当時米陸軍航空隊が
絶対に落ちないと自信を持っていた大型爆撃機B17が
零戦に撃墜された時は相当ショックだったそうです
このように威力はかなり有ったのですが
当時の零戦搭乗員からは
撃った弾が真っ直ぐに飛ばず直ぐに下がって行く(直進性が良くない)
20mm銃は目標に当てるのが難しいとの意見が多かったそうです
いくら威力が有っても
目標に当たらなくては意味が有りません
これは
一号機銃は弾を発射させる発射薬が少なく
弾の速度が遅かったので
直進が悪かったのです
そこで
二号機銃では発射薬を増やして発射の威力を上げ
銃身を伸ばして弾の加速性を上げています(^-^)/
こうする事により
砲口初速が600m/sが750m/sと向上しています
これで弾の命中率射程威力が上がっています(^-^)/
また装備弾数も二号機銃ではかなり増やされています(^-^)/
日本海軍の20mm機銃は
初期の零戦のイメージで
日本海軍の20mm機銃は性能が悪いイメージがありますが
実際は改良され
大戦後期にはかなり高性能となっています
これら20mm機銃はかなり重防御の米軍機を撃墜していますので
米軍はかなり警戒していたようです
けど
簡単には落ちない米軍機に対して
日本海軍は20mmに不満も有ったようです
ちなみに
日本海軍では20mm機銃と呼びますが
日本陸軍では20mm機関砲と呼びます
日本陸軍では7.7mmまでが機銃でそれ以上は
機関砲と呼びます(^-^)/


模型・プラモデルランキングへ












テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR