プラモが作りたくなるネタ21最強空母?2

空母隼鷹の初陣はミッドウェー海戦の陽動作戦アリューシャン作戦に参戦
しかしほぼ会敵もなく帰投
空母隼鷹の活躍が始まるのは
ミッドウェー海戦で主力四空母を失い
アメリカ軍がガダルカナルに上陸
主戦場がソロモンに移ってからです
ミッドウェーで主力四空母を失ってため
起動部隊は再編成され
第一航空戦隊 翔鶴 瑞鶴
第二航空戦隊 隼鷹 飛鷹 を主力に編成されました
隼鷹は哨戒 偵察 飛行場爆撃等の任務をこなしましたが
隼鷹の最も活躍したのは何と言っても
南太平洋海戦 (^-^)/
当時第二航空戦隊を指揮していた指揮官は
角田覚治少将です
角田少将は日本海軍1位2位を競う闘将として有名で
見敵必戦を貫いた闘将です
南太平洋海戦
旗艦隼の艦橋に司令部を陣取るのは角田少将
勇将のもとに弱卒無しの言葉通り
第一航空戦隊と協力し
空母エンタープライズを撃破撤退させ
空母ホーネットを航行不能にさせる奮闘を演じています
しかし我が軍も健全な空母は隼鷹一隻になりました
ここで隼鷹は戦果拡大を計るべく
各空母の帰投機を収容しつつ攻撃隊を編成出撃させています
ここで角田少将は
何と数隻の駆逐艦を従えて隼鷹を敵空母めがけて突進させたのです
その目的は出撃させた攻撃隊を少しでも早く収容する為に
空母を突進させたのです
その姿は
槍を抱えて敵陣に突っんで行く騎馬武者のようだったと語り継がれています
(通常空母は攻撃隊を発艦させた後は敵の航空隊の行動範囲から逃げる為後退するのが定石です)
その後
空母ホーネットは放棄され日本艦隊に捕獲され雷撃処分されています
その後隼鷹は
ソロモン方面で日米唯一の作戦行動可能な空母となり
ガダルカナル戦のサポートをしていました
ガダルカナル戦以降
戦いは急速に我が軍が不利となり
隼鷹もマリアナ沖海戦で傷付き
内地で終戦を迎え解体されました
隼鷹は主力空母でないにもかかわらず活躍し
大物食いを果たす
プラモ作りにはたまらないシチュエーションだと思います(^-^)/
見た目も格好良いですしね(^-^)


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR