FC2ブログ

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機76

二式単座戦闘機 正面

二式単座戦闘機 鍾馗が開発されていた
1930年後半は
ヨーロッパでは
すでに
メッサーシュミット bf109 や スピットファイアが就役しており
日本陸軍は
戦闘機の性能の基準を
メッサーシュミット bf109 としていました
これは
当時最強戦闘機の1つとされ
軽量小型の機体に
コンパクトな翼を付け
強力な水冷式エンジンを搭載
速度重視の設計でしたが
わりあい運動性も良く
上昇力も悪く有りませんでした
この機体は
一撃離脱戦法を得意とし
二機がチームとなるロッテ戦術を駆使し戦果を上げていました
ロッテ戦術とは
アタッカーが攻撃に入る際
ディフェンスが
警戒掩護する事により
アタッカーは
攻撃に集中出来ると言う戦術です
ノモンハンでの航空戦で
近代航空戦を体験していた日本陸軍は
メッサーシュミット bf109 の機体と戦術両方に興味を持ち
1941年
研究の為メッサーシュミット bf109 を三機輸入し
このメッサーシュミット bf109 より高性能なことが
1940年代初頭の陸軍戦闘機の採用基準となりました



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機75

二式単座戦闘機 鍾馗

日本陸軍が中島飛行機へ
開発依頼した大まかな内容は
高速で敵を追撃し
高火力で敵を撃破し
優れた上昇力で敵爆撃を撃破する
となっており
速度 火力 上昇力を優先していました
しかし
日本海軍の局地戦闘機 雷電が
対爆撃機として設計開発されていましたが
鍾馗は
あくまでも
高速戦闘機として開発され
敵の戦闘機にも勝てる戦闘機として発注されていました
この考えが
後の傑作機 四式戦闘機 疾風へと繋がります
しかし
それは先の話しで
この時点では
重戦闘機も高速戦闘機も未経験な日本でしたので
当時
新鋭機として話題になっていた
メッサーシュミット bf109 の翼面荷重や翼面積などを参考に
中島飛行機で設計に入りました

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機74

二式単座戦闘機 鍾馗

日本陸軍は
二式単座戦闘機となるキ44の開発を
(ちなみに 一式戦闘機 隼はキ43 隼の次に開発された事になります)
中島飛行機に
一社指名で発注しました
隼以前の戦闘機開発は
数社に試作機開発を依頼して
実際に飛ばしコンペ形式で採用を決めていましたが
この頃になると
対米戦は避けられない事態になっており
1つの機体を採用するのに
複数の会社に試作を依頼するのは無駄が多すがる
もし
試作機を作れる会社が2社有るのならば
2社に別々の機体を
採用前提で試作させた方が合理的との考えから
試作機は
一社指名で発注する事になっていました
このような経緯から
空冷単発エンジンの戦闘機を作るのが得意な中島飛行機に
日本初の重戦闘機
キ44 後の二式単座戦闘機 鍾馗 試作が発注されました
ちなみに
同じく川崎にも
日本初の水冷単発エンジンの重戦闘機
キ60が発注されましたが
こちらは
同じく川崎のキ61 後の三式戦闘機 飛燕と
性能的に被ってしまいましたので
採用には
なりませんでした

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機73

二式単座戦闘機 鍾馗

日本陸軍は
ノモンハンで
ソ連軍I-16戦闘機の一撃離脱戦法で
少なくない被害を出していました
しかし
当時の主力97式戦闘機は
典型的な軽戦闘機で
降下離脱する戦闘機を追跡するには
降下性能不足でした
97式戦闘機で
降下追跡すると速度が上がると同時に
機体が浮く力が強くなり速度が出ず
操縦桿で無理やり押さえこむと
空中分解の恐れがありました
これでは
敵戦闘機を撃墜する事は不可能で
敵戦闘機の数は
いつまで経っても減りません
それに対して
こちらは
常に撃墜されるリスクが生じてしまいます
これは
極端な話ですが
大げさな話しではありませんでした
これでは困りますので
日本陸軍は
重戦闘機の開発に踏み切りました

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機72

二式単座戦闘機

軽戦闘機と重戦闘機と聞くと
軽戦闘機
小型の戦闘機
重戦闘機
大型の戦闘機
とイメージしがちですが
実際は
大きさは関係なく
主翼1㎡当たりの重量が軽いのが軽戦闘機
同じく重いのが重戦闘機になります
ちなみに
翼面荷重とは
機体の主翼と自重量の1㎡の値でkg/㎡です
なぜ
翼面荷重で判断するか
おおまかに言うと
翼面荷重が低いと
翼の揚力が強く飛行機は浮く力が強くなり
失速し難くなります
よって
低速でも扱い易く運動性の良い機体になります
ですが
翼の揚力は逆に
速度を出す時には抵抗となり不利になりす
また
急降下する時は
降下し速度が上がると
速度にほぼ比例して揚力も上がりますので
機体は下に進もうとしても
翼が上方向へ吸い上げようとします
この為
機体と翼の進行方向に違いがでてしまい
翼の揚力に抵抗して
降下し速度を上げると翼が壊れてしまいます
これが
隼や零戦の急降下制限速度が低い理由です

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR