モデラーの海軍基礎知識68 水雷戦隊42

ルンガ沖夜戦

大戦果

この夜間戦闘で
日本海軍は
駆逐艦高波を失いましたが
米海軍は
沈没 重巡ノーサプトン
大破 重巡ミネアポリス 重巡ニューオリンズ 重巡ペンサコラ
大被害を受けてしまいました
これは
駆逐艦高波が時間稼ぎをしている間に
日本駆逐艦が迅速に反撃にでた為の戦果でした
米側はこの戦いで
日本駆逐艦部隊の司令官が素晴らしく
米艦隊を十分に敵を引きつけておいて突撃命令を出し
飽和雷撃により米艦隊に大打撃を与えた
特に
突撃命令の時期が適切であったと
日本駆逐艦部隊司令官を賞賛していました
この戦いは
結局日本駆逐艦部隊の輸送作戦は
失敗しましたので
戦史研究家の間では
戦術的には日本軍の勝利
戦略的には米軍の勝利と評する人も居ましたが
最近では
仮に日本駆逐艦部隊が輸送作戦に成功しても
その輸送した物資で
これほどの戦果を挙げるのは不可能ですので
日本軍の完全勝利との考え方が多いようです
実は
この海戦が日本海軍最後の完全勝利の海戦で
この後は
日本海軍は苦しい状況となって行くのです

次回
悲劇

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識67 水雷戦隊41

ルンガ沖夜戦
命中

米艦隊の巡洋艦で先頭を走っていた
旗艦 重巡ミネアポリスが艦首に魚雷が二本命中
第1砲塔前からの部分が垂れ下がってしまい
急速に減速してしまいました
これを避けようとした
2番艦 重巡 ニューオリンズの左舷前方へ魚雷が一本命中
艦首部分が吹っ飛んでしまいました
また
これを避けようとした
3番艦 重巡ペンサコラの艦橋付近に魚雷が一本命中
大火災をおこし戦闘不能になりました
4番艦 軽巡 ホノルルには命中魚雷は有りませんでしたが
5番艦 重巡ノーサプトンは
日本駆逐艦部隊からはぐれて別行動していた陽炎 巻波が
1番艦 重巡ニューオリンズが被雷して約10後
絶好の魚雷発射位置に着き
5番艦 重巡ノーサプトンへ魚雷を発射2本命中
重巡ノーサプトンは左舷後部に魚雷を受け
大穴が開き左舷に傾き転覆し沈没してしまいました

次回
大戦果


ガンプラ MGドム作製

次回作決定です(^-^)/
久しぶりに
のんびりガンプラ作ります
大先輩から
MGドムは格好良すぎると言われましたが(笑)
はたして
私が作っても格好良くなるか?(笑)
のんびり
MGドムを作ります(^-^)

MGドム作製
今日は
MGドムの胴体の組み立て(^-^)/
最近のMGに比べると
パーツが少なく
精度も高いので
あっという間に形になります(^-^)
重量感が有って格好良いです(^-^)



ガンプラ MG ドム
冬季迷彩終了(^-^)/
次は
武器と細部の仕上げ
今年中に完成すかは
ギリギリってところかも(^-^)


MGドム
本体ほぼ完成しました(^-^)/
後は武器です
今回は
ちょっとにぎやか目のカラーリングですので
デカールやウエザリングは
軽めにしています(^-^)


ガンプラ MG ドム 完成です(^-^)/

冬らしく
冬季迷彩で仕上げました(^-^)/

モデラーの海軍基礎知識66 水雷戦隊40

ルンガ沖夜戦
反撃

全軍突撃セヨ
日本駆逐艦部隊に発せられたこの指示は
各駆逐艦にとっては
最高の指示でした
全軍突撃セヨとは
敵に突撃
各駆逐艦の判断で敵を攻撃せよとの意味で
各駆逐艦艦長にとって
これほど嬉しい指示は有りません
旗艦長波が
まず
敵艦隊と同行戦に入り敵側面を狙い魚雷を発射
続く 江風 涼風が魚雷を発射戦線を離脱
少し離れていた 黒潮と親潮が米艦隊斜め後方より魚雷を発射し離脱
敵を発見後
日本駆逐艦部隊は瞬く間に反撃に入り
離脱していきました
これは
日本駆逐艦を発見後の米艦隊のもたつきとは
大きな差でした
その頃米艦隊は
駆逐艦高波を攻撃していました

次回
形勢逆転

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ガンプラ買いました(^-^)/

クリスマスプレゼント(^-^)/
自分から自分へのクリスマスプレゼント
ガンプラ
メガサイズ 量産型ザク買いました(^-^)/
再来年の
みやざき模型ショーに出す予定です
気が早っ(笑)

それにしてもデカイ
同じメガサイズのガンダムより箱デカイです
HGと比べると8倍くらい(笑)

モデラーの海軍基礎知識65 水雷戦隊39

ルンガ沖夜戦
全軍突撃セヨ

駆逐艦高波が被弾した頃
他の日本駆逐艦部隊は
米艦隊の魚雷の雷跡で米艦隊の方向を確信
魚雷は全て外れました
そこへ
米艦隊は
日本駆逐艦部隊の上へ吊光弾を撃ち上げ
日本駆逐艦部隊は光の中にさらされました
駆逐艦高波が時間稼ぎをしてくれたおかげで
日本駆逐艦部隊は戦闘準備は完了していました
ここで満を持して
日本駆逐艦部隊 旗艦長波司令部は
全軍突撃セヨを発令
電話 電信全ての通信が
突撃命令を発信しました
駆逐艦高波が
既に砲撃した米駆逐艦が火災をおこしていましたので
日本駆逐艦部隊からも
米艦隊の位置を正確にとらえる事ができました
次回
突撃

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識64 水雷戦隊38

ルンガ沖夜戦
駆逐艦高波被弾

駆逐艦高波は米艦隊めがけて突撃
米艦隊との距離は5000m足らずになっていました
この距離は海戦では
かなりの近距離で夜間でも敵艦をしっかりと確認できます
駆逐艦高波は
この近距離まで迫り敵1.2番艦に主砲を発砲
続いて
舵を右に切り敵3番艦へ4連装魚雷発射管2機全弾8本を発射
その直後
魚雷を撃ち終わった魚雷発射管へ敵弾が命中
この後
駆逐艦高波は集中砲火を浴び
罐室(かましつ)に直撃
大量の水蒸気を吹き上げ航行不能となってしまいました

次回
全軍突撃セヨ



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識63 水雷戦隊37

ルンガ沖夜戦
駆逐艦 高波

米艦隊の作戦は
駆逐艦高波の突然の出現で大きく狂ってきました
米艦隊は
日本駆逐艦部隊に気づかれる前に
米駆逐艦部隊魚雷発射
その後米駆逐艦は
米巡洋艦部隊の左右に着き護衛
こうする事により
米巡洋艦部隊の前に居る艦は
全て日本駆逐艦ですので
味方撃ちを気にせず
ドンドン主砲を撃てます
しかし
駆逐艦高波が現われ
米艦隊へ向かってきましたので
米巡洋艦は
米駆逐艦部隊が魚雷を撃ち始める前に砲撃を始めてしまいました
これらの攻撃は
日本駆逐艦部隊ではなく
駆逐艦 高波に向けられました
駆逐艦 高波は
自ら敵の注意を引く事で
速度の落ちた日本駆逐艦が
戦闘速度に達するまでの時間を稼いだのです
通常ですと
駆逐艦高波の様な状況だと
右か左に舵をとり魚雷を発射離脱するのがセオリーですが
駆逐艦 高波は米艦隊へ突撃しました
こうする事により
米艦隊の攻撃は高波に向けられますので
日本駆逐艦部隊が体制を立て直す時間が出来たのです

次回
高波被弾




テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識62 水雷戦隊32

ルンガ沖夜戦
全軍戦闘用意セヨ

米駆逐艦フレッチャーが
日本駆逐艦高波を見つけた頃
駆逐艦高波は
既に米駆逐艦フレッチャーと2番艦 ドレイトンを発見していました
駆逐艦高波は
隊内電話で旗艦 駆逐艦 長波の司令部へ連絡
即 砲雷戦の準備を終えました
その頃
混乱していた米艦隊は
ドラム缶投下作業中の日本駆逐艦本隊に対して
魚雷を発射しました
しかし
既に
駆逐艦高波より
敵発見の報を受けていた日本駆逐艦司令部は
即座に
投入やめ戦闘用意
を全艦に発令していました
ドラム缶投下作業中の駆逐艦は
ドラム缶を海に落として身軽になり
2ノットぐらいまで落としていた速度を
戦闘速度30ノット以上まで加速させようとしましたが
一度速度を落としてしまうと
軍艦は
なかなか加速出来ません
日本駆逐艦本隊はピンチでした
しかし
米艦隊の目は
米艦隊と日本駆逐艦部隊の間に居る
駆逐艦高波に向いていました
たとえ駆逐艦1隻と言えども
懐に入ると
必殺の酸素魚雷で重巡すら沈めれる程の破壊力を持っています
ですので
米艦隊としては
駆逐艦高波を無視できなかったのです

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎61 水雷戦隊35

ルンガ沖夜戦
会敵3

日本駆逐艦部隊は
午後11時過ぎ
ガダルカナル島ルンガ岬へ到着
速度を落として
ドラム缶投下作業に入ろうとしていました
警戒駆逐艦 高波は
前方警戒の為
日本駆逐艦部隊の左前方へ出て行きました
これが
今回の戦闘のキーポイントになりました
その頃
米艦隊は日本駆逐艦部隊をレーダーで発見
レーダーの光点は四つ
間違いなく日本駆逐艦部隊でした
日本駆逐艦部隊は
ドラム缶投下作業中のようで
米艦隊を警戒しているような感じは有りませんでした
そこで
米艦隊は攻撃準備
後は引きがねを引くだけでした
しかし この時
先頭を走る米駆逐艦フレッチャーのレーダーが
近距離に居る日本駆逐艦らしき艦を発見
米駆逐艦フレッチャーは
すく旗艦 重巡ミネアポリスへ攻撃許可を求めましたが
重巡ミネアポリスはこの駆逐艦を確認していませんでした
ここで
ほんの数分ですが
米艦隊に隙が出来てしまいました
米駆逐艦フレッチャーが発見したのは
先程先行した
日本駆逐艦 高波でした

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識60 水雷戦隊34

ルンガ沖夜戦
会敵2

その頃 米艦隊は
日本駆逐艦部隊の情報を得ていましたので
日本駆逐艦部隊が港を出たのと同じ頃
米艦隊も出撃していました
米軍の戦力は
重巡4隻
ミネアポリス ニューオーリンズ ペンサコラ ノーサンプトン
軽巡1隻
ホノルル
駆逐艦6隻
日本駆逐艦部隊から見ると
絶望的な戦力差です
米艦隊の作戦は次のようでした
駆逐艦4隻を先頭に重巡4隻軽巡1隻駆逐艦2隻が一列に並び
レーダーで索敵
日本駆逐艦部隊を発見すると
日本駆逐艦部隊の横に並び米駆逐艦が魚雷を発射
魚雷が日本駆逐艦部隊に命中した後
重巡4隻軽巡1隻が
レーダー射撃で日本駆逐艦部隊を殲滅する作戦でした
この筋書き通りに事が運ぶと
日本駆逐艦部隊は
米艦隊を発見する前に全滅してしまいます
駆逐艦は装甲は皆無ですので
重巡や軽巡の砲撃に耐える事は出来ません
この時点では
米艦隊が
圧倒的に有利でした

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識59 水雷戦隊33

ルンガ沖夜戦 会敵1

日本海軍の駆逐艦8隻が港を出る前
駆逐艦の司令部から
各駆逐艦へ
今夜会敵の可能性が高いので
会敵時は
輸送任務に執着する事なく
敵撃滅に努めるようにしじが出ていました

出撃後
旗艦 駆逐艦 高波に緊急信が入った
本日昼間 ルンガ岬に駆逐艦12隻 輸送船9隻入泊警戒されたし
以上の内容の電報を受け取り
旗艦 駆逐艦高波司令部では
この駆逐艦が
こちらへ迎撃に向かって来るのか
あるいは
輸送船の護衛に専念するのか
判断がつきませんでした
しかし
目的地の近くに敵が居る事は間違いなく
日本駆逐艦部隊は
敵を警戒しながらガダルカナルへ向かいました
この
敵が居るかも知れないとの情報の有無
これだけで
敵からの奇襲の確率は減り
敵への対応も迅速になります

次回 会敵2

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

2017年 航空祭

いよいよ九州地方は
航空祭シーズンへ突入します(^-^)/
毎年この頃になると
ワクワク感が止まりません(^-^)
11月26日 福岡 築城基地航空祭
12月3日宮崎 新田原基地エァフエスタ
二週間立て続けに開催されます
両日行く予定です(^-^)
ただ今
チマチマ準備中
てな事で
中古の新兵器買ってきました(笑)
カメラ望遠レンズsigma 150-500
今までの300mmと比べるとかなりデカイです
これなら
今年の撮影は期待出来そうです(^-^)/

今年は
航空祭用に望遠レンズを買いましたので
築城基地で試し撮りしてきました(^-^)/
残念ながら
駐車場の関係で
逆光の場所での撮影になりましたが
新しいレンズ試し撮りは
いい感じでした(^-^)/


航空祭に行こう(^-^)/ その1
九州地方は11月下旬から
航空祭シーズンに入ります
航空自衛隊各基地は
年に一回
航空祭(エァフェスタ)を開催しています(^-^)/
航空祭の目玉と言えば
やはり
ブルーインパルス
しかし
実際航空祭に行くと分かるのですが
凄いのは
ブルーインパルスだけでは有りません
各基地には
当たり前ですが
F-15やF-2戦闘機等の所属部隊が居ます
これら部隊が
機動飛行等の展示飛行をします
通常ですと
基地周辺では諸事情で
離発着以外の機動はほとんどしませんが
戦闘機の本気の機動飛行は
迫力が違います
戦闘機が目の前を通ると
身体の中を爆音が突き抜けます
ジェットエンジンの排気の圧力さえ感じれます
日常では
あり得ない体感をする事が出来ます
この迫力だけは
どんなに美しい写真を撮っても
どんなに上手に動画を撮っても
お伝え出来ません
是非航空祭で体感してみて下さい(^-^)/
そして感動できたら
降りてきた戦闘機に手を振って下さい
パイロットの方が
元気いっぱい手を振ってくれますよ(^-^)/

航空祭に行こう(^-^)/2

航空祭と言えば
ブルーインパルス(^-^)/
と言う方が多いと思います
蒼い空に純白の尾を引いき
描かれる図形は
凄く美しいです
ブルーインパルスは航空自衛隊が誇る
アクロバット飛行チームで
その飛行には
圧倒されます
ブルーインパルスの飛行を見るのは楽しいですが
それだけでは有りません
実は
ブルーインパルスの飛行は
他の戦闘機の展示飛行に比べて
速度と高度が全体的に低いので
写真が撮り易いのです(^-^)/
ブルーインパルスが空に描く図形に至っては
スマホでも美しく撮れます
皆様も
撮影されてみては
如何でしょうか(^-^)/

航空祭に行こう3(^-^)/

実は
航空祭でアクロバットを披露してくれるのは
ブルーインパルスだけではありません
最近
そのパフォーマンスの凄さで話題になっているチームがあります
それは
PACAF F-16 Ddmo Teamです
このチームは
米軍三沢基地所属のアクロバット専用チームで
最新のF-16戦闘機 単機による高機動 アクロバットを披露してくれます
このF-16によるアクロバットは
ブルーインパルスの優雅で洗練された飛行に比べ
高速で迫力のパフォーマンスで
観た人は圧倒されます(^-^)/
しかし
このパフォーマンスには
ちょっと難点が有って
速すぎて撮影が難しいです
それ故
撮影のやり甲斐があります(^-^)
今年は
新田原基地エアフェスタで飛行予定です(^-^)/


築城基地航空祭行ってきました(^-^)/
雨が心配でしたが
なんとか降らずに済みました
しかし
曇天で撮影には厳しい条件でした
次は
来週土日新田原基地航空祭
晴れて欲しいです(^-^)/

航空祭に行こう4(^-^)/

予行
航空際好きの方のあいだでは
常識ですが
実は
航空祭は基本
土日2日間あるのです(^-^)/
土曜は予行と呼ばれ
リハーサルを兼ね
招待客のみ基地内に入れる航空祭です
一般の人は入れませんが
基地の外から観る事は出来ますので
結構楽しめます
土曜の予行で撮影し
日曜は基地内で楽しむと方が結構いらっしゃいます
私もその1人です(笑)


航空祭に行こう5(^-^)/

航空際の見所と言えば
派手な展示飛行がメインですが
それだけでは有りません
地上にも
地上展示の飛行機が有ります(当たり前ですよね(笑)
普通では
近く事さえ出来ない飛行機ですが
この日だけは
かなり近くまで寄って見る事ができます
プラモデラーにとっては
これは
願ってもないチャンス
通常では見られない
細かな所を見られますので
プラモ作りの参考になるのです
航空際に行かれた時は
空ばかりではなく
地上も見て見てみましょう(^-^)/


新田原基地 航空祭から
無事帰宅
宮崎の冬の空は凄く碧くて綺麗でした(^-^)/
本番は曇天でしたが
予行は快晴でした
今から
じっくりと撮影戦果確認します(^-^)

新田原基地 ブルーインパルス(^-^)/
ブルーインパルスの使用している機体は
国産ジェット練習機T4です
全体的にマルぽいスタイルと
機首の部分が何となく
イルカの鼻ぽい事から
ドルフィンの愛称で親しまれています
碧い空とドルフィン絵になります(^-^)

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR