モデラーの空軍基礎知識45  零戦て強いの30

零戦の勝因2(^-^)/
スピットファイアのパイロットの証言に
よると
パイロットの視界が良い為か
奇襲が困難と有りました
スピットファイアのパイロットの見解通り
零戦の視界は
かなり良い方だったようです
零戦のキャノピーは水滴型と呼ばれる
全方位の視界に優れたタイプで
特に後ろ上方が優れていました
それに対して
スピットファイアは後方視界があまり良く有りませんでした
それはキャノピー(操縦席を囲う風防)の形状によります
当時のヨーロッパでは
空力に有利なキャノピー
ファストバック式(レザーバックとかバードゲージタイプとか呼ぶ事も有ります)
が主流で
このタイプは速度や直進安定性等で有利ですが
パイロットの後方視界は最悪で
ほとんど見えません
ですので
ヨーロッパの空中戦では
最初の一撃は敵機の後ろ上方から攻撃するのが常識でした
無論
敵機の後ろ上方から攻撃するのは常識で基本ですが
常識と言う事は
相手も知っていて当たり前ですので
当時の日本軍にとって
敵防空圏内に入った時
後ろを警戒するのは常識でした
よって
零戦は
後ろ上方から攻撃されそうになっても
直ぐに気が付き
回避行動がとれたのです
大戦も後半になると
英米独も水滴型キャノピーの有効性を認め
スピットファイア P47サンダーボルト P51ムスタング等
レザーバック式から水滴型へと改装しています
また独では
Bf109メッサーシュミット以降の新型機には水滴型を採用しています

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

HobbyJapan買ってきました(^-^)/

Hobby Japan 10月号買ってきました(^-^)/
今月号は
ビルドファイターズが熱いです
GMの逆襲
早速観ました
今月号は
ビルドファイターズの作例が
熱いです
個人的には
ハンブラビスパンが良かったです
ハンブラビとは思えない品のある格好良さでした(^-^)/

モデラーの空軍基礎知識44 零戦て強いの29

零戦の勝因(^-^)/
ポートダーウィンでの戦闘は
陸攻隊を護る零戦隊とスピットファイア戦闘機間で行われましたので
戦闘高度は恐らく
陸攻の爆撃侵入高度
3000m~4000mくらいの中高度だと思われます
実は
この高度零戦にとって性能が出る得意な高度だったのです
これ以上高くなると零戦の発動機は性能が落ちてしまい
零戦の運動性は悪くなってしまいます
それに対して
スピットファイアは
この高度は得意な高度なのですが
零戦の性能が落ちる
もっと高高度でも性能を発揮出来ます
ですので
スピットファイアとしては
さらに高い高度で戦闘をした方が有利なのですが
そんな高い高度には
日本機は居ませんので
どうしても
日本機が侵入してくる
中高度3000m~4000mが戦闘高度になります
空中戦において
戦闘高度は攻め手の侵入高度て決まります
ですので
大戦中頃まで日本が優勢だったときは侵攻戦がメインで
戦闘高度も
大半が陸攻隊護衛戦闘の為に中高度でした
よって大戦中頃までは
零戦の得意な中高度以下の空中戦がメインでした
この戦闘高度も零戦を活躍させた原因の1つだと思います
零戦の勝因2(^-^)/

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識43 零戦て強いの?28 (^-^)/

モデラーの空軍基礎知識零戦て強いの?
両機のスペック(^-^)/
オーストラリア空軍スピットファイアとの空中戦は
零戦の圧勝でしたが
それでは
なぜスピットファイアは負けたのか?
その原因は何でしょうか?
それにはまず
零戦とスピットファイアの性能を知る必要が有ると思います
○スピットファイアMkVb
馬力1470馬力
最高速度605km
翼面荷重119.91/kg3
重量3000kg
武装 20mmx2 7.7x2
○零戦21型
馬力940馬力
最高速度533km
翼面荷重107.89/kg
重量2421kg
武装 20mmx2 7.7mmx2
以上で見てみると
速度では
スピットファイアの圧勝
翼面荷重では零戦の勝ち
武装は同等
スペック的には
スピットファイアの方が優秀そうですが
では
何故零戦はスピットファイア戦闘機に勝利出来たのにしょうか?
次回
零戦勝利の原因は何(^-^)/

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識42 零戦て強いの?27

零戦て強いの
スピットファイア パイロットの証言(^-^)/
スピットファイア パイロット証言によると
水平速度は
スピットファイアは零戦よりも優速で
宙返り 横転はスピットファイア並み
ただ
パイロットの視界が良い為か
奇襲を掛ける事は困難である
日本のパイロットは視力と決断力に優れているようだ
スピットファイアは零戦と対等のドックファイトが出来ると思ったが 
それは並大抵ではない根気と機敏な感が必要である
と証言しています
確かに的を得た評価だと思います
以上の証言から
零戦の強さが見て取れますが
それと同じ位
零戦とスピットファイアの性格の違いが出ていると思います
次回
スピットファイアの敗因(^-^)/

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識41 零戦て強いの?26

零戦て強いの
零戦対スピットファイア(^-^)/2
1942年2月頃
スピットファイアは
ポートダウィン上空で数回零戦と空戦を行なっています
スピットファイアは48機のMkVb装備
レーダーで日本軍の戦爆連合をキャッチし
その情報をもとに
戦闘機隊を誘導するバトルオブブリテンで実績のある方法を取っていました
しかし結果から言うと
9回の空中戦で
零戦の未帰還機3に対して
スピットファイアの未帰還機は26
スピットファイアは零戦の9倍の未帰還機を出してしまったのです
ちなみに損失は35機前後らしく
全滅に近い被害です
しかし
その後
日本軍の戦線は後退してしまいますので
零戦とスピットファイアの戦闘は
終戦間際の小規模な空戦だけとなります
次回
スピットファイア パイロットの証言(^-^)/

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識40 零戦て強いの25

モデラーの空軍基礎知識40
零戦て強いの25
零戦対スピットファイア(^-^)/
太平洋戦争の敵国と言えば
アメリカのイメージが強いですが
日本は
イギリスとオーストラリアとも交戦していました
意外と知らない方も多いですが
日本軍は
オーストラリア本土
ポート・ダウィンを数回空襲しています
そこで
オーストラリア政府はイギリスに支援を求め
スピットファイア部隊を派遣してもらっています
ここで
零戦対スピットファイアの戦いが発生しています
スピットファイアと言えば
スピード 運動性共に優れ
バトルオブブリテン(英国本土防空戦)でBf109 メッサーシュミットを撃退し
イギリスを救った名機と言われていました
一撃離脱につに徹したBf109に対して
格闘戦で戦果を挙げていました
スピットファイアは
恐らく当時ヨーロッパ最強の戦闘機だったと言っても過言ではないと思います
それが
零戦の前に立ちはだかったのです
次回に続く(^-^)/

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

フジミ 集めるシリーズ(^-^)/

最近微妙に気になっていたフジミ1/3000 集めるシリーズ 
呉軍港 この世界に片隅にverを
見つけたので買ってみました 
軍艦意外と精密な感じがします
これだキットだけで
呉軍港にジオラマが作れる優れ物です(^-^)

2

ガンダムサンダーボルト HG陸戦ガンダムS型作製(^-^)/

次回作決定です(^-^)/
ちょっとガンプラが続きますが
次は
ガンダム サンダーボルト HG 陸戦型ガンダムS型です
結構ミリタリー色の強い作品ですので
そっちの方向で作ります(^-^)

陸戦ガンダムS型
漢は
黙ってハイメガキャノン
今回は
これで行きます(^-^)/
大砲 つの ドリル  
この3つ
漢なら誰でも好きですよね?(笑)

陸戦ガンダムS型
基本塗装終わりました
イメージ的には
アフリカ戦線
サンド系のカラーも
なかなか似合うと思います(^-^)

2

3

ガンプラ HGサンダーボルト 陸戦ガンダムS型完成です(^-^)/
ちょっと
野暮ったい感じの陸戦ガンダムでしたが
いい感じに仕上がりました(^-^)/

モデラーの空軍基礎知識39 零戦て強いの?24

零戦て強いの24

ラバウル伝説の戦果
ラバウル航空隊の優秀さは米軍も認めていたようで
ラバウルは
米軍パイロットからドラゴンジョーズ(龍の顎)として恐れられていました
1944年になると
ラバウル航空隊は侵攻先の空中戦は減り
ラバウル上空の防空戦が主体となりました
連日の迎撃戦で戦果を上げていましたが
1月17日米軍の大空襲があり
この空中戦はラバウル史上最大の戦果として語り継がれていました
この日ラバウル空襲に参加した米軍機は戦爆連合117機 
それに対して零戦79機が迎撃
零戦隊は69機撃墜を零戦の被害零を報告
大勝利でした
この戦いは南海決戦場と言うニュース映画になり
当時日本で上映されていました
(you tubeで観れます)
戦後この空中戦を日米の記録で参照した所
米軍機の損害は12機
米軍も32機零戦を撃墜した事になっていましたが
実際は0機でした
これは
零戦隊の69機が実際は12機だったと
かなり誇張した報告に思われがちですが
実戦では珍しくなく
戦闘中に正確な戦果を確認するのが
如何に難しいかとの話しになります
それでも117機中12機撃墜 約10%の被害
これは大損害で
この割合で補充無しで出撃し損害が出続けると
部隊は
あっと言う間に全滅してしまいます
しかし
零戦被害0に対して
米軍の零戦32機撃墜報告は
恐らく墜落して行く米軍機を見間違えたのでしょうね

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識38  零戦て強いの?23

零戦て強いの23
ラバウルと言えば撃墜王(^-^)/
ラバウルと言えば撃墜王が(エースパイロット)
多くいたのでも有名です
中でも有名な方は
零戦虎徹と名乗り
個人撃墜数だけでなく
常に編隊長としても活躍した
岩本徹三 氏
撃墜数200機以上と言われる撃墜で
日中戦争から太平洋戦争終戦まで戦い抜いた
最強零戦搭乗員です
ラバウルの魔王と称された
西澤広義 氏 
彼も撃墜数200機以上と言われ
闘志溢れる好漢だったそうで
身長180cmを超えるイケ面だった事でも有名です
福本繁夫 氏
撃墜数70機以上と言われる撃墜王なのですが
ほとんど資料が無く
戦後交通事故で亡くなられたとしか分かりません
伝説の撃墜王です
坂井三郎 氏
大空のサムライで有名な方です
ラバウルで撃墜王の搭乗員が数が多く育ったのは
激戦地の為に戦闘が多く
ほぼ毎日出撃空中戦を繰り返していましたので
搭乗員の腕も上がり
撃墜の機会も増えていったそうです
しかし
その分搭乗員の生存率も低かったそうです
それに対して
米軍パイロットは
控えパイロットが居ましたので出撃と休暇を繰り返し
一定数の期間が過ぎると
後方基地のパイロットと交代しますので
ラバウルの搭乗員のように長期間出撃し続ける事は無かったようです

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プラモ買ってきました(^-^)/

Hobby JAPAN今月号に触発されて買ってきました(^-^)/
フジミ製 1/700 
駆逐艦 雪風 浦風 セットです(^-^)
昔しのウォーターラインとは
比べ物にならない精密さです
値段もだんちですが(笑)

MGケンプファー作成(^-^)/

オラザク選手権(^-^)/オラザク選手権用に
MGケンプファー買ってきました(^-^)/
今年はこれで挑戦します
それと
たまには
勉強をと思いホビージャパンも買ってきました(^-^)/
今年は気合い入れて頑張ります(^-^)

オラザク選手権(^-^)/
仮組み終わりました
先週
大先輩と呑みながら
ケンプファーとキュベレイ合体させたら
格好良いんじゃない?
て話しになったので
作ってみました(^-^)/
格好良いかも(^-^)
次は
バランスを調整しながら仕上げて行きます
ついでに
バインダーを外した姿も
なかなか良いです(^-^)


オラザク用ケンプファー
大まかに組み上がりました
胸部後頭部の形状変更
オリジナル武器の追加
なんか
だんだん ガンダムビルドファイターズみたいになってきました(笑)


オラザク用ケンプ オリジナル武器
パンサー戦車の砲身にウェブ燃料タンクに四号戦車の転輪を繋いで
ショットガンを半分に切って付けています
イメージは
FFⅧの主人公の武器
雰囲気的に合っていると思います(^-^)/

オラザク用ケンプファー作成(^-^)/
移植パーツと形状変更箇所
馴染み具合を確認の為
サフを吹きました
違和感無く馴染んだと思います(^-^)/

オラザクのケンプファー
磨き終わり
お肌すべすべ
塗装に入ります(^-^)

オラザク用ケンプファー
基本塗装終わりました(^-^)/
なかなか似合ってるかも(^-^)
次は
パーツ毎に仕上げていきます(^-^)/

オラザク用ケンプファー
目入れました(^-^)/
小さ過ぎて覗かないと分からない(笑)

オラザク用ケンプファー
全体の詰めに入っり
カラーリングもだいぶ煮詰まってきました(^-^)

オラザク用ケンプファー
背中のバーニアを
ビルダーズ パーツへ交換
交換方も簡単で
元のバーニア基部をカットして
ビルダーズ パーツ用基部を瞬間接着剤で固定
これだけでOK(^-^)/
簡単な割りに見栄えが良いです(^-^)

オラザク用ケンプファー完成です(^-^)/
upは軽装備バージョン
フル装備は
オラザクで(^-^)

モデラーの空軍基礎知識37 零戦て強いの?22 ラバウル2(^-^)/

零戦て強いの?ラバウル航空隊
では
ラバウル航空隊とは
日本軍にとってどのような部隊だったのでしょうか
それを知るには
ラバウルの場所の重要性を知る必要が有ります
ラバウル基地の場所は
パプアニャーギニア ニュウブリテン島 ラバウル港周辺にあります
ここで重要なのは
まず
日本海軍最大の根拠地 トラック諸島を敵の侵攻を防ぐ為の根拠地であり
オーストラリアとアメリカの分断させる為の前進基地でした
日本海軍はラバウルを拠点として
オーストラリア空軍基地のポートモレスビー攻略支援や
フィジー サモア攻略作戦を計画していましたが
両攻略作戦は中止となってしまいました
米軍がガダルカナルのに上陸すると
ガダルカナルに一番近い前線基地として
ガダルカナル戦を戦い
ガダルカナル戦後は
連合軍の進撃の防壁てなっていましたが
昭和19年2月
日本海軍の太平洋の拠点
トラック諸島が米機動部隊の空襲にあい
ほぼ壊滅
戦場はソロモンからフィリピン方面に移り
ラバウルは
戦略的価値が無くなってしまい
孤立状態になり
そして
終戦を迎える事になりました








テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR