ハセガワ製 ヤマハyzr500 完成です(^-^)/

ハセガワ製 ヤマハyzr500 完成しました(^-^)/
初めてのGPマシーンでしたので
今回は素組みでしたが
なかなか再現度に高いキットだと思います
次は
もう少し手間をかけて
GPマシーンを作ろうと思います(^-^)/

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識17 零戦て強いの?

零戦て強いの?
零戦のプラモが完成しましたので
ちょっと
零戦のお話(^-^)/
最近零戦の強さは
ただの伝説だったとか言われる事もありますが
ずはり
本当に強い戦闘機だったと思います
しかし
あくまで
1000馬力級のエンジンを積んだ
1940年前後に採用された
同世代の戦闘機と比べての話しです
零戦の初陣は1940年半ばですので
1943年半ば初陣のグラマンF6Fヘルキャットと
比べても意味は有りません
グラマンF6Fヘルキャットとは
三年の開きがあり
馬力も
二千馬力と千馬力では勝負になりますん
これは
千馬力の戦闘機では
重量2.5tぐらいの飛行機が作れますが
二千馬力の戦闘機では
重量4tぐらいの戦闘機が作れます
つまり
二千馬力の戦闘機だと
それだけ
武装を沢山積む
あるいは
防御を強化するなど
千馬力より沢山の装備が積めるのです
もちろん
馬力も有りますので速度も出し易いです
戦闘機の設計では
エンジンを決めて
理想の重量を計算して
その重量配分をどうするかによって
機体の性格が変わってきます
また
この頃の航空機の進歩は早く
一年違うと
かなり違いがでます
てな事で
次回は
同世代機と零戦を比べてみようと思います(^-^)/








テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

最近昔しのスポーツカーブーム?

プラモ買ってきました朝のニュースを観ていたら
なにやら
昔しのスポーツカーが流行りだとか
てな事で
プラモ買ってきました(^-^)/
タミヤ製
スカイラインR32 gtr ニスモ
マツダRX7 fd3s
昔し欲しかった車です(^-^)



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ハイグレード模型用セメダイン(^-^)/

ハイグレード 模型用セメダイン試してみました(^-^)/
透明パーツが曇らすに接着出来ると
ちょっと話題になっていましたので
試してみました(^-^)/
凄いです
確かに曇りません
これは
表面を溶かさずに接着しるからみたいです
通常の接着剤に比べて
接着し始めるまで少し時間がかかりますが
強度的にも問題無く
かなり使えると思います(^-^)/


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識16 撃墜マーク(^-^)/

零戦が完成しましたのでちょっと小ネタ
この零戦は岩本徹三氏の乗機ですが
ほかの人も乗ります
この
撃墜マークは
岩本徹三氏だけのではなく
ほかの人が落とした物も含まれます
つまり
この撃墜マークは
個人の撃墜数ではなく
53-102号機が落としたかずになります
ちなみに
普通の桜は戦闘機
八重桜はB17等の大型機になります(^-^)/


模型・プラモデルランキングへ










テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ製1/32 零戦 52型 岩本徹三機 作製


今年の夏
7月1日2日
みやざき模型ショーに参加します(^-^)/
てな事で
みやざき模型ショーに持って行く
ハセガワ製1/32 零戦52型 岩本徹三 機を作ります(^-^)/
今までいくつか32の戦闘機つくりましたが
零戦
操縦席狭いですね
それにしても
ハセガワのフィギュア素晴らしいと思います(^-^)

ハセガワ製 零戦52型 岩本徹三 機
今日は
チマチマ操縦席作り
32だと計器の塗装も楽
一部デカールを使ってみましたが
いまいち
シャープさに欠けるような
完成するとほとんど見えないから
いいかな(笑)

ハセガワ製1/32 零戦 52型
士の字に組み上げ
基本塗装をしました(^-^)/
このキット
パーツの合いが良く擦り合わせなしで
ピッタリ合います
このキット
組立が楽な分
塗装に集中出来るので良いです(^-^)/

零戦も無事フライト終了したとの事で
今日は
チマチマ零戦のデカール貼り
伝説の
ピンク色に見えるほどの胴体になりました(^-^)/
それにしても
深緑に白地の日の丸
凄く映えますね(^-^)

ハセガワ製1/32 零戦52型
脚なんて飾りです
と言った方もいらっしゃいましたが
脚が
無いと飾れるないので付けました
明日まで休みですので
完成出来そうです(^-^)/

ハセガワ製1/32
零戦52型 岩本徹三機 完全です(^-^)/
7月の みやざき模型ショーに持っていきます(^-^)

模型・プラモデルランキングへ
























ハセガワ製 連山

面白いプラモ買いました今回買ったのは
ハセガワ製1/48
連山爆撃機 と 震電ジェット機のセットです(^-^)/
子供の頃
このキットの単品が欲しがったけど
買えなかくて
やっと買えました(^-^)/
このキット
連山には
対艦ミサイル
震電はジェット機仕様と
完全
if仕様ですが
格好良いので良いです(笑)


模型・プラモデルランキングへ









モデラーの空軍基礎知識15 日本の航空機製造会社

第二次世界大戦中の日本の航空機製造会社最近
三菱 MRJやHONDAジェット等
日本製航空機が話題になったので
第二世界大戦中の日本航空機製造会社を簡単にまとめてみました(^-^)/
中島飛行機
日本最大の航空機製造会社で
日本航空戦力を支えた会社です
陸軍の隼戦闘機の設計製造
海軍の零戦の製造請け負い
戦闘機 爆撃機から発動機の設計製造まで
何でも出来る会社でした
三菱重工業
中島飛行機に次ぐ航空機製造会社で
零戦で有名な会社です
零戦が有名ですので戦闘機のイメージが強いですが
実際は
双発爆撃機の設計製造が得意な会社で
一式陸攻 飛竜等を設計製造しています
三菱も
戦闘機 爆撃機 発動機を設計製造できる会社でした
川崎航空機
主に陸軍戦闘機の設計製造
二式複戦 屠龍 三式戦闘機 飛燕
ドイツ ダイムラーベンツ発動機 DB601国産化製造
川西航空機
二式大艇 二式水戦 など水上機が得意
局地戦闘機 紫電改が有名
愛知航空機
99式 艦上爆撃機の設計生産
彗星 艦上爆撃機の生産
彗星用
ダイムラーベンツDB601国産化発動機 アツタの製造
空技廠
海軍航空技術廠
最新技術の研究実用化
艦上爆撃機 彗星 陸上爆撃機 銀河の設計
立川飛行機
95式中間練習機
通称 赤トンボが有名
隼の製造
満州飛行機
陸軍戦闘機等のライセンス生産
九州飛行機
対潜哨戒機 東海 の設計製造
局地戦闘機 震電の開発
以上が
大まかな 日本の航空機製造会社です
プラモを作る時
航空機製造会社を意識してみると
結構会社ごとに
特色があって面白いですよ(^-^)


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ製YZR500 作製

ハセガワ製 ヤマハYZR 500 88年型 作製今日はここまで
何となく
部屋に飾るバイクのプラモが欲しがったので
積みプラモのYZR500の作製に入りました
今回は
時間があまり有りませんので
(そろそろ おらザクとGBWCにとりかからなかいと)
サクっと作ります(^-^)/

ハセガワ製
ヤマハ yzr500 
エンジンとカウル類の一回目のクリアが終わりました(^-^)/
フロントカウルのゼッケンプレート
デカールはイマイチでしたので
塗装に切り替え
いい感じになりました(^-^)
ハセガワ製
ヤマハ yzr500 
エンジンとカウル類の一回目のクリアが終わりました(^-^)/

ハセガワ製ヤマハYZR500
今日はここまで
カウルは
大まかなデカール貼り
本体はタイヤが付きました(^-^)/
これで
自立出来る様になりましたので
ダイソーで300円ケース買って来ました
ぴったりです
このままでも格好良いので
このままでも良いかなって気もしますが
完成させます(笑)

ヤマハYZR500
車体の作製が
ほぼ終わり
カウルを軽く研いでクリア塗装(^-^)/
このまま
しばらく乾燥させますのでYZRは
しばし
お休みです(^-^)


ハセガワ製 yzr500
中研ぎ出しをしたので
カウルちょっと組んでみました(^-^)/
やはり個人的に
この頃のyzrが一番好きです(^-^)
またバラして
クリアー吹きます(^-^)/

模型・プラモデルランキングへ





















モデラーの海軍基礎知識26 日本空母機動部隊の終わり(^-^)/

結局全滅でした
マリアナ沖海戦が終わり
日本空母機動部隊は大敗を喫してしまい
大型正規空母 大鳳 翔鶴 改造空母 飛鷹を失い
改造空母 隼鷹も損傷修理が必要でした
この時点で
戦闘可能な正規空母は瑞鶴だけでした
その瑞鶴も
1944年10月25日
栗田艦隊レイテ突入の為に囮の機動部隊として
エンガノ岬沖海戦に参加
参加した空母
瑞鶴 瑞鳳 千歳 千代田 全て沈没
結局
囮の役も満たせぬまま
日本空母機動部隊は全滅してしまいました
日本本土にはまだ数隻の空母が残っていましたが
搭載する艦載機は無く
海軍の作戦としても
防衛戦用の
基地航空隊に主軸を移していましたので
機動部隊の再建はしませんでした
真珠湾攻撃以来活躍し続けた
日本海軍空母機動部隊ですが
あまりの激戦続きで艦載機搭乗員の消耗が激しく
南太平洋海戦以降は
日米の国力の差が如実に現れ
最終的に
米空母機動部隊は
正規 軽空母18隻の大艦隊になってしまいました
これでは
とても太刀打ちできません
この後
当時世界最大の大和型戦艦を改装した空母信濃
新型空母 雲龍は米潜水艦の雷撃で沈没
雲龍型空母 天城は内地で空襲にあい大破横転
結局残った空母は
修理中の隼鷹 葛城
最古参小型空母の鳳翔の三隻だけでした
終戦後
航行に問題に無い葛城と
ほぼ無傷の鳳翔は
復員船として
外地と本土を行き来しました
広い甲板と格納庫を有した空母は
復員船として最適で
これが
日本空母の最後の活躍でした


模型・プラモデルランキングへ










モデラーの海軍基礎知識25 マリアナ沖海戦4

マリアナ沖海戦4
米軍海軍も新兵器を投入していました

この戦闘で米海軍も新兵器を投入していました
まず
グラマンF6Fヘルキャット
この戦闘機は
先のトラック島空襲の頃から配備されていましたが
日本戦闘機と本格的に戦ったのは
マリアナ沖海戦で
零戦と比べると
馬力は二倍 速度は50km程速く頑丈で運動性も悪くない優秀な戦闘機でした
欠点は
見た目ぐらい?
この優秀な戦闘機を米海軍機動部隊は
レイダーと無線による指示誘導システムを作り上げて
効率良く進入してくる敵機に向かわせていました
これは
敵機を進入して来る方角に
高性能レイダーを搭載した駆逐艦を配置
そこで捉えた敵機を
レイダー搭載のTBFアベンジャーが追跡
情報を米艦隊へ送信し迎撃機を上げる
米艦隊レイダー捉えた敵機方位高度をもとに
味方迎撃機を有利な位置に誘導するシステムです
これにより
マリアナ沖海戦で日本空母艦載機は
米迎撃機の奇襲にあい
多数が撃墜されてしまいました
これが有名な
マリアナの七面鳥撃ちです
しかも
米海軍が準備していた新兵器はこれだけではありませんでした
それは
対空砲に使用する弾の改修で
敵機の近くを弾丸が通ると自動で弾丸が炸裂
近くの敵機を破壊撃墜すると言う物です
それまでの対空砲を弾は
敵機の高度を予測して
そこに弾が到達する時間を予測して炸裂させる時限信管でしたが
米海軍は
対空砲の中に簡易的レイダーを入れて
敵機の近くを通ると炸裂するようにしていました
これで
対空砲の命中率が飛躍的に向上しています
これら新兵器により
マリアナ沖海戦以降の米空母機動部隊には
生半可な攻撃では通用しなくなりました


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識24 マリアナ沖海戦3

マリアナ沖海戦3
先制攻撃をしたのですが

1944年6月19日
日米 最後で最大の空母機動部隊同士の戦闘が開始されました
まず最初に敵機動部隊を発見したのは
日本艦隊の方でした
日本空母機動部隊は
予定通りに
米空母機動部隊の艦載機行動範囲の外側から
艦載機を発進させて
米空母機動部隊の攻撃に向かわせました
日本空母機動部隊の中では
この時点で
勝利を確信したと言われています
その理由は
日本空母機動部隊は
米空母艦載機の行動範囲外に居ますので
日本空母艦載機は
米空母機動部隊を攻撃できますが
米空母機動部隊は
日本空母機動部隊を攻撃出来ません
これだと
日本空母機動部隊が負けるはずが無かったのです
しかし結果は
見事に裏切られてしまいました
索敵機による索敵では
日本空母機動部隊が
先に敵を発見し艦載機を発進させたのですが
その後
日本空母機動部隊は
米潜水艦に発見されてしまいました
そこで
日本空母艦載機の空襲を知った
米空母機動部隊は
万全の体制で日本空母艦載機を迎え撃ったのです
迎撃に上がったグラマン F6F ヘルキャット戦闘機は
約400機!
日本空母艦載機が戦爆連合で約200機
これでは
勝ち目なんてありません
米空母機動部隊は
日本空母機動部隊を攻撃する事より
日本空母機動部隊艦載機を迎え撃っ事を優先した為
本来
日本空母機動部隊の攻撃に向かわせる予定の戦闘機まで
迎撃戦に参加させたので
通常よりも多い迎撃機を上げられたのです
しかも
日本空母艦載機は
ほとんどヘルキャット戦闘機の奇襲を受け
次々と撃墜されてしまいました
その間
日本空母機動部隊は
空母 大鳳と翔鶴が潜水艦の雷撃を受けて沈没
この日だけで
日本空母機動部隊は
大型空母二隻と艦載機の大半を失ってしまい
米空母機動部隊は
ほとんど無傷でした
泣きっ面に蜂ではありませんが
翌日20日
午後になってやっと
日本空母機動部隊を捕捉した米空母機動部隊は
艦載機で日本空母機動部隊を攻撃
空母飛鷹沈没 隼鷹損傷を負っています
結局
日本空母機動部隊は
自信を持って挑んだ戦いでしたが
完膚なきまでに叩きのめされてしまいました
この結果
グアム サイパン 
それと同時期にパプアニューギニアのビアク島が陥落
米軍は
日本本土への爆撃機の基地
フィリピン 沖縄への侵攻拠点を得てしまったのです
この時点で
日本の防衛戦は崩壊してしまいました
それと
日本海軍は
米空母機動部隊に対抗する
空母機動部隊も失ったしまいました


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識23 マリアナ沖海戦2(^-^)/

マリアナ沖海戦2
戦力的に大きく差をつけられた
日本艦隊でしたが
全く手を打たなかったわけでは有りません
まず
空母に関して
最新鋭艦の大鳳を投入
大鳳は3万トンクラスの大型空母で
空母の弱点である飛行甲板に装甲を施し
急降下爆撃に耐えれるようになっていました
また
最新鋭の艦載機
彗星 艦上爆撃機99機 天山 艦上攻撃機108機
零戦も最新の改修型の52型が搭載されていました
これら
最新型の艦載機を投入する事で
各個の戦力向上をはかりました
また
旧型の零戦21型に
250kg爆弾を積めるように改造された
零戦の戦闘爆撃機仕様も投入されました
これら
新鋭の兵器に加え
日本艦隊司令部には米艦隊に勝てる完璧な作戦が有りました
それは
アウトレンジ作戦で
日本海軍の艦載機は米海軍の艦載機に比べて航続距離が長く
日本海軍の艦載機は
米海軍の艦載機の航続距離より遠い場所から発進して
米艦隊艦を攻撃できますが
米艦隊艦載機は日本艦隊を攻撃出来ないのです
と言う事は
日本艦隊は被害を受ける事が無いので
負けることが無いのです
また
機動部隊の指揮官は
南雲中将に代わり小沢中将となり
機動部隊司令部も心機一転していました
日本艦隊は絶対の自信を持ってこの戦いに挑みました
しかし
結果的には大敗でした
次回に続く


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識22 マリアナ沖海戦(^-^)/

マリアナ沖海戦1944年6月19日~20日にかけて
史上最大の空母機動部隊同士の海戦がおこなわれました
これは
グアム サイパンを攻略し
そこにB29の基地を造り
日本本土を爆撃しようという
アメリカ軍の作戦の一環としておこなわれました
この海戦に参加した日本艦隊の戦力は
空母 大鳳 翔鶴 瑞鶴 飛鷹 隼鷹
小型空母 龍鳳 瑞鳳 千歳 千代田
空母9隻 艦載機約480機
その他38隻 計47隻
対する米艦隊は
空母 エスエックス級7隻 エンタープライズ 
インデペンデンス級軽空母8隻
空母15隻 艦載機約890機
その他94隻 計109隻
ちなみに
マリアナ沖海戦以前で
最大の空母戦力だった真珠湾攻撃時の
日本海軍空母機動部隊の戦力が
空母 6隻 艦載機約350機
ですので
両艦隊がいかに大きいか分かると思います
しかし
それでも
日本艦隊は米艦隊に比べて半分程でした
空母にいたっては
エスエックス級に対抗出来るのは
大鳳 翔鶴 瑞鶴の3隻で
後は改装空母若しくは改装小型空母で 
正規空母と軽空母の米艦隊に比べて
かなり見劣りしましたが
航空戦力に関しては
日本海軍は防衛側の地の利を活かし
近隣の島の飛行場を利用し
基地航空艦隊で日本艦隊を支援する計画でした
そこで
テニアン島に基地航空艦隊を移動させていたのですが
海戦前の前哨戦でほとんどすり減らしてしまい
基地航空艦隊は
この海戦で
あまり貢献出来ませんでした
結局
日本艦隊は地の利を活かすことができずに
空母機動部隊の決戦を向かえる事になりました
続く


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識21 トラック島空襲(^-^)/

トラック島空襲埋まらなくなった
日米海軍空母機動部隊の戦力差
太平洋戦争開戦時から1944年初め頃まで
日本海軍の根拠地トラック島は
西太平洋に位置し
真珠湾とフィリピンの間に在り
ラバウルも近く
中部太平洋から進撃しくる米艦隊への防壁ともなっていました
トラック根拠地には
大きな泊地と飛行場と燃料貯蔵施設等各施設が整っており
日本海軍の真珠湾的存在でした
しかし
1944年2月17日18日に米海軍空母機動部隊の大空襲を受けてしまい
大損害を出してしまいました
日本海軍は
米海軍の諸々の兆候でトラック島の空襲を予測し
哨戒を厳重にし
主力艦は後方のパラオや本土に退避させていましたが
たまたま
警戒を緩くした日に米海軍機動部隊の空襲を受けてしまいました
トラックは
大損害を受けてしまい
大量の船舶や資材を失ってしまいました
ここまでで
重要な事はまず
この空襲をおこなった米海軍空母機動部隊です
この機動部隊は
新編成された機動部隊で
空母は就役したばかりの正規空母 エスエックス級を中心に編成されていました
エスエックス級は
日本海軍の空母翔鶴型と同等以上の性能を持った空母で
この機動部隊には
エスエックス級四隻 エンタープライズ 
インデペンデンス級軽空母四隻
合計9隻の空母が配備されていました
その艦載機は約590機にもなり
南太平洋海戦時の米海軍空母機動部隊の四倍近い戦力で
日本海軍空母機動部隊とは
絶望的な戦力差となってしまいました
それと
この空襲で
実質的にトラック島は機能を失ってしまい
戦略的価値が無くなってしまいました
トラック島が無力化した事により
ラバウル基地も意味が無い物になってしまいました
それ以上に重要なのが
トラック島が無力化した事により
米海軍艦隊が
グアム サイパン島に侵攻出来るようになってしまったのです
サイパン島を占領されてしまったら
そこがB29の基地となり
日本本土が
B29の空襲圏内に入ってしまうのです
それを阻止するため
史上最大の空母機動部隊同士の海戦
マリアナ沖海戦がおきるのです
続く


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識14 零戦見分け方(^-^)/

零戦三菱製と中島製
今零戦を作っていますが
実は
三菱製の52型を作るのは初めてで
今までは
中島製しか作ったこと有りませんでした
ちなみに
画像の上が三菱製で下が中島製です
簡単な見分け方は
塗装の境目が違うのです
横図をみると
三菱製は緑と灰色の境目が真っ直ぐですが
中島製は主翼後ろから水平尾翼にかけて
斜めになっています
細かな違いは
他にも色々ありますが
これが一番簡単な見分け方です
記録写真や映像を見るとき
製造会社を気にしながら見ると
面白いですよ
ちなみに
三菱製は
結構レアです(^-^)


模型・プラモデルランキングへ









閑話休題 カワサキ ニンジャ250sl 感想(^-^)

カワサキ ニンジャ250sl
カワサキ ニンジャ250slを買って一年が過ぎましたので
チョット感想(^-^)
このバイク
まずいいと思ったところは
夏に
バイクがあまり熱くならないです
冷却ファンは
よく回りますが
熱風はバイクの下方から後ろへ流れているようで
今までのバイクより
熱さを感じません
これは
いいです(^-^)/
次に
見た目はスリムですが
シート高がそこそこありますので
身長175ちょいの私が乗っても
ポジションに窮屈さは有りません
乗り心地は
流石に250単気筒ですのでパワーは
そこそこですが
小排気量 単気筒らしい子気味良い振動が
良いフーリングとなって乗っていて気分が良いです
サスは踏ん張りはききますが
昔しのNSRのように
ガッんとフロントブレーキをかけて
一気に曲がる
と言うより
しっかり減速させてバンクさせて曲がると言う感じです
そうすると
リヤサスがしっかり踏ん張っていい感じです(^-^)/
ニンジャ250sl
高性能のスーパースポーツバイクまでは
欲しくはないが
軽くバイクを楽しみたい方に
ニンジャ250slは
おすすめです(^-^)/


模型・プラモデルランキングへ









モデラーの海軍基礎知識20 南太平洋海戦(^-^)/

南太平洋海戦1942年10月26日
ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場の攻防は激しさを増し
陸軍の大攻勢に合わせ
日本海軍空母機動部隊も支援の為ガダルカナルへ進出
ここで
米海軍空母機動部隊と戦いが行われました
この戦闘に参加した日本艦隊は
南雲中将の第三艦隊(空母中心の艦隊)空母 翔鶴 瑞鶴 瑞鳳
近藤中将の第二艦隊(戦艦 巡洋艦 中心の艦隊)空母 隼鷹
この2つの艦隊でした
対する米海軍は
空母 エンタープライズとホーネットを中心とした機動部隊でした
この戦い
結果から言うこと
米海軍 空母ホーネット沈没 エンタープライズ 大破
日本海軍 空母翔鶴大破 瑞鳳 中破
と日本海軍の勝利でした
この海戦で特殊だったのは
日本海軍艦隊の指揮権でした
今回の様に2つの艦隊が合同で作戦をとる場合は
艦隊司令長官の階級が上
階級が同じならば先任が全体の指揮を執る事になります
今回の場合
空母中心の第三艦隊南雲中将と
戦艦 巡洋艦中心の第二艦隊の近藤中将とでは
近藤中将が先任で
近藤中将が全体の指揮権がとることになります
しかし
今回の戦闘は空母同士の戦いになると察していた近藤中将は
全体の指揮権を南雲中将に渡し
指揮下の空母隼鷹まで南雲中将の指揮下に入れてしまい
近藤中将自身は
戦艦 巡洋艦 駆逐艦を率いて米空母機動部隊を目指進撃しました
これは
それまでの海軍としては異例な事で
今回の戦いではこの采配が上手く作用しています
ミッドウエーで苦渋を味わった
南雲中将は
索敵機から第一次攻撃隊の発進までかなり研究し
今回の戦闘でもトラブるに見舞われながらも
空母ホーネットとエンタープライズへの攻撃を成功させています
しかし
旗艦の翔鶴が被弾し指揮をとれなくなったため
それを引き継いだのが
空母隼鷹に上座していた角田少将で
海軍きっての闘将として有名でした
空母同士の戦いでは
アウトレンジ攻撃とヒットアンドウエイが基本で
長期離から攻撃 攻撃したら攻撃されないように退避するのが基本でしたが
闘将名高い角田少将は
空母隼鷹を米空母機動部隊に向けて突進
味方艦載機を収容しながら
補給の終わった艦載機を発進
反復攻撃を仕掛け戦果を拡大
空母ホーネットを行動不能にまで追い込みました
最後に
米空母を目指して進撃していた
近藤中将の第二艦隊は燃え盛る空母ホーネットを発見
駆逐艦を派遣して魚雷でとどめを刺しています
この戦いは
三人の指揮官が上手く作用し
大戦果をあげています
この戦いで
空母ホーネット沈没 空母エンタープライズ大破
となり
太平洋方面で活動できる米海軍空母はいなくなってしまいました
この日は
アメリカの海軍記念日でしたので
アメリカ海軍は
最悪の海軍記念日と呼んだそうです
日本海軍にとっては
大勝利だったのですが
実は
今回の戦闘で多数のベテランパイロットを失ったため
日本海軍空母機動部隊は
ほぼ再建不可能な程のダメージを受けていました
この後の日本空母は
形や数は揃えられましたが
形だけの機動部隊となってしまいます


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ゴールデンウィークの買い物(^-^)/

ゴールデンウィークの買い物(^-^)/
今回の戦果は
MGキュベレイ NSR250 加藤大治郎選手 
タミヤデカールハサミ 瞬着硬化スプレー
ミラーシール 研磨クロス クリアパーツが曇らない接着剤
久しぶりのリアル店舗巡り
楽しかったです(^-^)

モデラーの海軍基礎知識19  日本潜水艦部隊の活躍(^-^)/

実は意外と大活躍している
日本海軍潜水艦
南太平洋海戦までに
日米空母機動部隊の戦い は
日本海軍 空母四隻 小型空母二隻 沈没
米海軍 空母三隻沈没
と日本海軍が不利でしたが
ここまでの戦闘で
日本海軍空母機動部隊だけで撃沈した空母は
レキシントン一隻だけでした
実は
ここまで日本海軍潜水艦部隊の活躍により
米海軍空母は損害を受け
なかなか空母の数を揃えられなかったのです
日本海軍潜水艦は
広大な外洋で長期偵察任務に就くよに設計されており
偵察任務中にチャンスがあれば
敵艦を攻撃するようになっていました
その攻撃対象になった空母第1号がサラトガで
1942年1月12日にハワイ沖で伊6潜水艦の魚雷
が一本命中し大破
珊瑚海海戦 ミッドウエー海戦とも参加できず
戦力外でした
修理が終わり第二次ソロモン海戦に参加後
1942年8月31日哨戒中に伊26の魚雷が命中
行動不能になり
南太平洋海戦に参加出来ませんでした
サラトガは結局大事な局面で役に立ちませんでした
次の日本海軍潜水艦の戦果は
ミッドウエー海戦で日本空母機動部隊の攻撃で大破したヨークタウン
伊168が最後のとどめの魚雷を命中させています
その時護衛の駆逐艦も一隻沈めています
次は
米海軍を震撼させた
伊19の大戦果です
やはり第二次ソロモン海戦終了後の1942年9月15日
伊19は空母ワスプを発見
雷撃しこれを撃沈
ワスプを外れた魚雷が
戦艦ノースカロライナに命中し中破 他駆逐艦一隻にも命中撃沈しています
一度の攻撃で
空母一隻 駆逐艦一隻 撃沈 戦艦一隻中破と
とんでもない戦果を上げています
日本海軍潜水艦部隊は
不当に評価が低い気がしますが
大戦半ばまでに
空母ワスプ を撃沈
空母ヨークタウンを機動部隊と共同で撃沈
空母サラトガを損傷させ戦力外としています
この戦果が無ければ
戦局は
もつと早くに米軍に傾いたかもしれません
次回
南太平洋海戦(^-^)/




模型・プラモデルランキングへ











モデラーの海軍基礎知識18 空母機動部隊陣形(^-^)/

機動部隊が艦隊として格上げになったことにより
空母と護衛艦の連係が取りやすくなりました
そこで新しく試されたのが
艦隊の陣形です
空母機動部隊の陣形と言うと
輪形陣 空母を中心に護衛艦で囲むのが一般的ですが
実は
この陣形には無駄が多く
前方から敵艦載機が進入した場合
輪形陣の後方に位置する護衛艦は
あまり意味がなくなるのです
今回新しく採用された陣形は
護衛の戦艦 巡洋艦 駆逐艦の大多数を
空母の前方に横に並べて前衛部隊として
空母はその後に縦に並んで続きます
前衛部隊は空母と距離を取り
敵空母機動部隊と味方空母機動部隊的の間に入ります
味方艦載機が
敵空母機動部隊を攻撃の行き帰りの目印になり
あるいは
敵空母機動部隊艦載機の攻撃部隊が
味方空母機動部隊を攻撃する場合は
前衛部隊の上空を通過しますので
敵艦載機群の早期発見及び対空砲による撃墜をします
また
前衛部隊から偵察機を飛ばす事により
索敵機距離及び敵発見までの時間が短縮されます
このように
ミッドウエー海戦での索敵の不手際や敵艦載機の奇襲を防ぐ意味での陣形でした
しかし
第二次ソロモン海戦では
ほとんど
ぶつけ本番でしたので
この陣形はあまり上手く機能しませんでした
上手く機能したのは
この後の南太平洋海戦になります
次回に続く(^-^)/


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識17 第二次ソロモン海戦(^-^)/

第二次ソロモン海戦
ミッドウエー海戦が終わって
二ヶ月余り経った
1942年8月下旬
ガダルカナル島の攻防が激しくなり
ガダルカナル島の周辺は
日米の激戦区となっていました
日本海軍はガダルカナル島の奪還の為に
陸軍の大部隊及び物資を輸送船団を組み
ガダルカナル島へ輸送していました
この輸送船団を米軍から守る為に幾多もの戦闘が発生しています
その中で機動部隊同士が初めて激突したのが
第二次ソロモン海戦です
日本海軍 翔鶴 瑞鶴 龍驤 の空母三隻
米海軍 エンタープライズ サラトガ ワスプ の三隻の戦闘でした
結果は
日本海軍 龍驤 沈没 
米海軍 エンタープライズ 中破
結果的には日本海軍の敗北でしたが
この戦いから
日本海軍機動部隊は新しい試みを始めていました
それは
機動部隊の編成及び陣形です
それまで空母機動部隊は
作戦の度に編成され
護衛する戦艦 巡洋艦 その他諸々を掻き集めて編成する
臨時部隊的な艦隊でしたが
ミッドウエー海戦以降の再編成で
第三艦隊として正式な艦隊となりました
機動部隊が艦隊として格上げになったことにより
空母と護衛艦の連係が取りやすくなりました
空母機動部隊が正式な艦隊になったと聞くと
エッて感じがしますが
海軍内部は複雑で大艦巨砲主義の名残もあり
空母主力の艦隊編成には抵抗が有ったようです
次回
艦隊陣形の変更です(^-^)/


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識16 ミッドウエー2(^-^)/

ミッドウエー海戦2
ミッドウエー作戦の目的は2つ
ミッドウエー島の占領と米機動部隊の撃破
この2つの目的を果たす為の作戦は下記の通りで
まず
第1航空艦隊の艦載機で
ミッドウエー島の飛行場を空襲破壊し
ミッドウエー島から飛行機を飛べなくし
ミッドウエー島の救援に近づく米機動を待ち伏せて撃破
足の遅い本隊(戦艦部隊)と上陸部隊を乗せた輸送船団が到着するまで
ミッドウエー島の制海権の確保
これがおおよそのミッドウエー作戦の概要でした
この作戦は
ミッドウエー島を奇襲する事が前提で立てられており
また
そうなるものと思われてていました
しかし
現実は
第1航空艦隊は米機動部隊の強襲に会い
主力空母四隻を失ったしまいました
これらの原因は
各種研究本が出ていますので
今回は省きますが
この海戦で日本海軍は多大な教訓を得て
この海戦を境に
空母機動部隊の編成法や索敵法等多岐に渡り改めています
よく
ミッドウエー海戦は太平洋戦争の天王山で
ミッドウエー海戦で日米の攻守が逆転したと言われていますが
実際のところ
太平洋戦争の天王山はガダルカナルで
ミッドウエー海戦以降は
日米の力が均衡したという感じです
また
ミッドウエー作戦失敗は戦略的には
さほど影響が無く
空母四隻の喪失も
艦載機搭乗員の喪失は以外と少なく
空母 瑞鶴 翔鶴 他小型 改装空母等残っていましたので
機動部隊の編成は可能でしたし
米機動の可動空母も
エンタープライズ ホーネットで
後に サラトガ ワスプが加わっています
実際のところ
主戦場は
ニューギニア でしたので
ミッドウエー作戦の必要性自体微妙な感じがします
これ以降
日米機動部隊は
ガダルカナルを中心とした戦場へと移ります


模型・プラモデルランキングへ









テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR