FC2ブログ

プラモデル日記

プラモを日記(^-^)/ 
プラモ好きオヤジの日々徒然なるプラモ日記です
完成作品や作製あるいは小ネタ等をアップしていきます
お暇な方は
ちょっとのぞいてもらえたら嬉しいです(^-^)
iwarkun

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機62

二式単座戦闘機 鍾馗

鍾馗開発の際重武装を求められていました
それまでの
97式戦闘機や開戦当初の隼は
7.7mm豆鉄砲を2丁機種に搭載していました
これは
当時戦闘機用機銃が7.7mmしかなく
新型の12.7mm機銃も
隼に間に合わなかった為でした
しかし何故翼に積まなかったかと言うと
当時は
それで十分だったからです
しかも
翼に機銃を入れるには
機銃の入れる場所確保と強度設計が大変で
翼に重量物を入れると
操縦性が悪くなるとされていました
(その理由からメッサーシュミット bf109 は機首にしか固定武装はありません)
しかし
今後は威力不足が懸念されていましたので
鍾馗は
日本陸軍戦闘機としては重武装になる
機首と翼に2丁づつ機銃を搭載する事になりました


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機60

二式単座戦闘機 鍾馗

鍾馗は
水平尾翼と垂直尾翼の場所を離す事で
機体の据わりが良い機体になっていましたが
この形式には
デメリットもありました
それは
垂直尾翼を大きく(背を高く)出来ない事です
垂直尾翼が小さいと
離着陸時に機首を大きく上げると
尾翼が機首の影に入ってしまい
気流が当たらなくなり
舵が効きにくなり
機体の修正がやり難くなるのです
かと言って
尾翼を大きくすると
尾翼が機体の中心より遠くにある為
尾翼の効きが敏感になってしまうのです
しかし
実際には
日本陸軍は
離着陸の際大きな機首を上げをしませんでしたので
注意していれば
問題無いレベルだったそうです

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機59

二式単座戦闘機 鍾馗

鍾馗は
射撃時機体の据わりが良く
弾丸の命中率が高い戦闘機でした
これは
鍾馗の操縦性特性で
機首を上下する時はしっかりと上下し
機首を左右に振る時はしっかりと左右に動き
両方同時に行う時は
しっかりと両方反応し
動きを止める時には
しっかりと止まったそうです
これは
水平尾翼と垂直尾翼が離れている為
水平尾翼と垂直尾翼が各々の役目を果たし
お互いに独立干渉しなかったので
直線飛行と高機動飛行とメリハリの効いた飛行が出来たそうです

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機58

二式単座戦闘機 鍾馗

鍾馗や疾風は
射撃時機体の据わりが良い特長が有りました
これは
独特の水平尾翼と垂直尾翼との位置関係にあったそうです
それを知るためには
まず
水系尾翼と垂直尾翼の役目を知らないといけません
おおざっぱですが
基本的に
水平尾翼は
機体の頭を(実際には尾翼を下上)上下に向ける役目
垂直尾翼は
機体の頭を左右(実際には尾翼を右左)に向ける役目
この二種類の翼で
機首の上下左右進行方向をコントロールします
つまり
この二種類の翼が射撃時機体の据わりに
大きく影響するのです
ちなみに
主翼の第1の役目は
浮力を得る事になります

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR