FC2ブログ

プラモデル日記

プラモを日記(^-^)/ 
プラモ好きオヤジの日々徒然なるプラモ日記です
完成作品や作製あるいは小ネタ等をアップしていきます
お暇な方は
ちょっとのぞいてもらえたら嬉しいです(^-^)
iwarkun

漫画紹介

漫画
女流飛行士
マリア・マンテガッツアの冒険
一巻を読んだら
ハマって
四巻まで買ってしまいました(^o^)/
洋画や海外ドラマのような雰囲気の作品で
なかなか面白いです(^o^)

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機30

加藤隼戦闘隊 10

1942年3月21日
加藤隼戦闘隊は
ビルマ進行にせなえて
隣の国のタイに在るチェンマイ飛行場に集結していました
それに対して
ビルマを守るフライングタイガースは
山岳地帯を挟んで650kmほど離れたビルマのローウィン飛行場へ集結していました
650kmほど離れていましたので
フライングタイガースのP-40戦闘機が
空襲に来ることは無いと思っていましたが
1942年4月6日
加藤隼戦闘隊の集結地チェンマイ飛行場は
フライングタイガースのP-40の攻撃を受け
奇襲となってしまいました
これを受け
加藤隼戦闘隊は
4月8日
敵飛行場ローウィンへ攻撃をかけました
事前の情報では
敵は戦力消耗の為に反撃は軽微だと思われていました
しかし
加藤隼戦闘隊の隼が
ローウィン飛行場に機銃掃射をする為に低空に降りたところ
上空からP-40戦闘機の部隊に襲われてしまいました
これは
レーダーによる監視と
加藤隼戦闘隊の進路に見張りを配置
その情報を元に
加藤隼戦闘隊を待ち伏せしていたのです
この戦闘により
加藤隼戦闘隊は
ベテランパイロット2名を含む4機を失ってしまいました
完璧な敗北でした
この日
基地に帰った加藤戦隊長は
敵機有利の敵飛行場を攻撃するにはどうすればいいか
作戦を立てていました

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機29

加藤隼戦闘隊 9

1942年3月下旬
日本陸軍は
東南アジアの要所を手中に収め
戦争当初の目的南方資源地帯とそれを運ぶ海路を確保しました
日本陸軍は次の目的
連合軍から中国への補給路
通称 蒋介石ルートを遮断する為に
ビルマ(ミャンマー)へ進軍しました
これに伴い
加藤隼戦闘隊もビルマ戦線へと投入されました
この頃になると
敵戦闘機もF2バッファロー戦闘機等旧式機ではなく
イギリス空軍のホーカーハリケーン戦闘機
アメリカ軍のP-40 が相手となりました
中でも
P-40を駆るフライングタイガースは
歴戦の強者揃いで
太平洋戦争が始まる前から中国方面で活躍していました
フライングタイガースは機体に中国国籍マークを入れていましたが
実際は
機体 パイロット その他人員全てアメリカ製とアメリカ人で構成されていました
実質アメリカ合衆国義勇軍でした
このように
開戦時よりも強力な敵と戦闘する事になりました
しかし
それでも加藤隼戦闘隊の隼は
戦果を積み重ねていきました

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機26

加藤隼戦闘隊6

1942年2月14日
降下部隊第1悌団の降下部隊約330名は
輸送機に搭乗し
マレーシアの飛行場を飛び立ち
一路パレンバンを目指しました
降下目標は
パレンバン北側に在る飛行場でした
これら輸送機を護衛する任務に
加藤隼戦闘隊が就いていました
この頃
ちょうどシンガポール要塞陥落した時で
パレンバンは
シンガポールから近い為
シンガポールの火災等の黒煙がパレンバンまでとどき
視界が悪かったそうです
そのような中
輸送機に分乗した降下部隊は
パレンバンへ到着しました
この少し前
パレンバンの飛行場に駐在していたハリケーン戦闘機は
スマトラ島に近づいてきた
日本の輸送船団へ向かった爆撃機を護衛する為に
出払い
戻って来ている時でした
その為
日本の輸送機はパレンバンの飛行場上空へ
敵戦闘機の妨害無しに
侵入する事ができました
敵戦闘機の迎撃を予測していましたが
思わず
奇襲の形となりました




テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR