プラモデル日記

プラモを日記(^-^)/ 
プラモ好きオヤジの日々徒然なるプラモ日記です
完成作品や作製あるいは小ネタ等をアップしていきます
お暇な方は
ちょっとのぞいてもらえたら嬉しいです(^-^)
iwarkun

モデラーの海軍基礎知識71 水雷戦隊48

第一期 撤退作戦

1943年6月
撤退作戦を敢行した当時は
キスカ島には
陸軍守備隊その他の人員を含め
役6000人の人員がいました
米海軍は
このキスカ島を攻略する為に
艦隊を派遣
日本軍の増援を阻止する為に(米軍は日本軍が撤退するとは思っていませんでした)
キスカ島を見張っていました
その戦力は
戦艦二隻 重巡四隻 軽巡一隻 駆逐艦九隻の大艦隊でした
そこで日本海軍は
第一潜水戦隊の十五隻を派遣
キスカ島の撤退作戦を敢行しました
しかし
結果から言うと失敗でした


次回
当時の潜水艦

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

ハセガワ製 1/32 キ44 二式単座戦闘機 鍾馗 作成

ハセガワ製 1/32
日本陸軍戦闘機 キ44 二式単座戦闘機 鍾馗

今年の最初のプラモは
なんか
名前が縁起良さそなので
二式単座戦闘機 鍾馗様を作ります(^-^)/
今日は
操縦席と発動機を作りました
流石ハセガワ
計器盤のモールド凄いですので
デカールを貼るより
塗装するのがオススメです


ハセガワ製 1/32 二式単座戦闘機 鍾馗 作製

今日は
士の字に組み
基本塗装と大まかなウエザリングまで終わりました
ハセガワ製の1/32は
作り易いので仕上がるのが早いです(^-^)


ハセガワ製1/32 二式単座戦闘機 鍾馗

風防と脚 プロペラも付き
見た目は
ほぼ出来上がり
次は
細かな仕上げ
しかし鍾馗
改めて見ると
いかにも高速機って感じで格好良いです(^-^)/

モデラーの海軍基礎知識70 水雷戦隊47

第1期撤退作戦

敵に包囲された島から
味方を救出するのに
最も安全な方法は
当たり前ですが
敵に見つからずに救出する事です
となると
昼間に堂々と輸送船団を組んで行ったのでは
必ず見つかります
夜間忍び込もうとしても
昼間のうちに敵哨戒機に見つかり
警戒態勢を取られたら
突入する事は困難です
駆逐艦等で
高速で近づき高速で離脱する方法もありますが
輸送船団より艦の被害は少なくなるかも知れませんが
敵に見つからずにと言うのは不可能に近く
無傷とはいかないと思われます
日本海軍としても
ソロモンの
戦いで多数の艦艇特に駆逐艦を失っていますので
これ以上
損害を出したくはありませんでした
そこで
考えたのが
潜水艦による救出作戦でした
そこで
第一潜水戦隊による救出作戦が実行されました

次回
方針転換

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの海軍基礎知識69 水雷戦隊46

玉砕

1943年5月12日
米軍は
戦艦3隻 重巡3隻 軽巡3隻 駆逐艦19隻 護衛空母1隻 輸送船4隻で
アッツ島へ上陸を開始しました
先ず
米艦隊で島を包囲し海上封鎖
日本軍の援軍を断ち
近くの島の飛行場から爆撃機を飛ばして爆撃機
戦艦その他艦船で艦砲射撃等を行い
その後
アッツ島へ上陸
日本兵 約2600人に対し
米兵 約11000人
守備に対して
3倍の兵力で攻めれば勝てると言われていますので
約4倍の戦力差となれば圧倒的に攻める方が有利です
日本軍は
アッツ島よりキスカ島の方がアラスカに近いので
キスカ島を先に攻撃すると思い
キスカ島の方へ戦力を集中していました
かくして
アッツ島は米軍に占領され
アッツ島の日本軍守備隊は玉砕してしまいました
次は
キスカ島の番なのは確実で
このままでは勝ち目は有りませんでした
そこで日本軍の取った行動は
キスカ島の戦力増強ではなく
キスカ島からの撤退放棄でした
ここで
前代未聞の奇跡のキスカ島脱失作戦が開始されるのです

次回
第1次 撤退作戦



テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR