FC2ブログ

プラモデル日記

プラモを日記(^-^)/ 
プラモ好きオヤジの日々徒然なるプラモ日記です
完成作品や作製あるいは小ネタ等をアップしていきます
お暇な方は
ちょっとのぞいてもらえたら嬉しいです(^-^)
iwarkun

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機67

二式単座戦闘機 鍾馗

1941年7月20日からのメッサーシュミット bf109 の模擬戦及び研究会
日本陸軍側は
飛行実験部と明野の教官らベテランが参加
ドイツ側からは
当時の外交武官で
元ドイツ軍パイロットの大尉が担当しました
両軍ともベテランで
ドイツ側のパイロットは
メッサーシュミット bf109 で実戦も経験しており
本場の一撃離脱戦法を会得したパイロットでした
それに対して
日本陸軍パイロットは
時代の流れは
重戦闘機へと
移行しつつある事は知りつつも
重戦闘機は
まだ経験不足で
元来の軽戦闘機による
旋回戦を得意としたパイロット達でした
この模擬戦は
戦闘機の性能確認だけでは無く
一撃離脱と旋回戦闘との優劣を見る少ない機会でしたが
当時の日本陸軍側は
そこまで考えていなかったようです

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機66

二式単座戦闘機 鍾馗

日本陸軍は
二機のメッサーシュミット bf109 を入手
となれば
試作中の新型機と
模擬戦をしたくなるのは
自然な成り行きだと思います
そこで
1941年7月21日~31日まで
模擬戦及び研究会が
陸軍主催で行われる事になりました
この時参加した日本陸軍戦闘機は
現主力の97式戦闘機
試作中の 鍾馗 キ45(屠龍の試作機 屠龍はキ45改)キ60(川崎航空機で飛燕と同時開発されていた重戦闘機)
くしくも
軽戦闘機 旋回戦闘 至上主義の日本陸軍戦闘機でしたが
現主力の97式戦闘機を除き
他は
重戦闘機ばかりになっていました
実際
日本陸軍は
隼 以降旋回性重視の軽戦闘機は
採用していないのです
世界的に戦闘機の趨勢は
重戦闘機へと移っていっていました
このような中
日本陸軍戦闘機 対 ドイツ空軍 との模擬戦が始まったのです

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎 日本陸軍戦闘機 65

二式単座戦闘機 鍾馗

当時日本陸軍戦闘機開発に
大きな影響を与えた外国製戦闘機がありました
それは
メッサーシュミット bf109 Eです

メッサーシュミット bf109 は
1937年ヨーロッパの戦場に姿を現した
ドイツ製新型戦闘機
メッサーシュミット bf109 E エーミールは
高性能で有名になり
高速性能 操縦性等高次元バランスの取れた傑作機でした
日本陸軍にも
この高性能機の情報は入っており
日本陸軍では
今後の戦闘機は
メッサーシュミット bf109 以上の性能がなければ
新型戦闘機としての価値が無いと考えていました
そこで
日本陸軍は
今後の戦闘機開発の参考にする為に
ドイツからメッサーシュミット bf109 を二機購入
1941年5月日本に到着
水冷式発動機になれた
川崎航空機で組み立て整備されました
このメッサーシュミット bf109 が日本へ到着した頃と
二式単座戦闘機 鍾馗 の試験時期が重なり
鍾馗の採用に大きく影響しました

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎 日本陸軍戦闘機64

二式単座戦闘機 鍾馗

1941年6月4日 鍾馗の試作機が完成し
試験飛行を開始しましたが
鍾馗の試験飛行は
かなり難航し
新型機が欲しくて堪らない陸軍上層部に対して
審査をした現場の陸軍関係者からは
対戦闘機用としては
旧式の軽戦闘機 97式戦闘機におとり
諸元をみても
他国の重戦闘機に勝るとは思えず
97式戦闘機に比べて
操縦や整備も難しいが
対高速爆撃には多少使えるので
少数機なら生産してもよいとの見解で
正式採用には
反対はしないが
乗り気ではないとの反応でした
しかし
ここで
その雰囲気を一掃するイベントが
発生したのでした

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR