プラモデル日記

プラモを日記(^-^)/ 
プラモ好きオヤジの日々徒然なるプラモ日記です
完成作品や作製あるいは小ネタ等をアップしていきます
お暇な方は
ちょっとのぞいてもらえたら嬉しいです(^-^)
iwarkun

モデラーの空軍基礎知識 日本陸軍戦闘機12

一式戦闘機 隼 誕生6

一式戦闘機 隼 と呼ばれるキ43は
97式戦闘機と同じ
中島飛行機の小山悌 技師をチーフとして設計が開始されました
小山技師は
一式戦闘機 隼や97式戦闘機 だけでは無く
その後の 鍾馗 疾風 等を設計した戦闘機設計の第一人者で
日本陸軍戦闘機は小山技師の双肩にかかっていました
そのような
小山技師にとっても
97式戦闘機と同等の空戦能力を持つ高速戦闘機を開発するのは困難なでした
こうして
1939年1月に試作1号機が完成
それに続き2号機 3号機が完成しました
海軍の零戦に遅れること7ヶ月でした
完成した
試作機は三重県 明野陸軍飛行学校で
関係者の見守る中テスト飛行が行われる事になりました
しかし結果は不採用でした
97式戦闘機と比べて速度は若干向上しましたが
いざ空中戦をしてみると
隼は97式戦闘機に勝てなかったのです
旧型より弱い新型戦闘機を採用する事は出来ないとの決断が出て
一式戦闘機 隼は不採用となってしまいました

次回
隼の誕生7
時代が求めた物




ハセガワ製1/32 三式戦闘機 飛燕 作製

ハセガワ製1/32 三式戦闘機 飛燕 作製

次回作は
ハセガワ製1/32 飛燕
先月タミヤ製1/72 飛燕を作りましたが
小さかったので
1/32で作りたくなりました
流石にハセガワ製
計器盤のモールド凄いです
塗装もしやすいです(^o^)/

モデラーの空軍知識 日本陸軍戦闘機11

一式戦闘機 隼 誕生5

一式戦闘機 隼 は
設計の段階から防弾設計が取り入れられていました
これは
日本陸軍の英断で
その後に誕生する戦闘機に
大きく影響しました
隼は防御面では
それまでの戦闘機に比べて設計思想的に進歩しましたが
攻撃面武装に関しては
いささか貧弱でした
これは
最後まで隼の弱点として残ってしまいました
登場次期が比較的に近い
日本海軍の零戦が
翼に20mm機銃2門 機首に7.7mm機銃2門 計4門に対して
隼は
初期が機首に7.7mm2門 後期が機首に12.7mm2門と
零戦と比べてかなり貧弱でした
これは
隼が対戦闘機用戦闘機であった為に
登場当時は
これで十分だとだと思われた事と
隼が設計された頃は
日本陸軍には航空機用機銃が7.7mmしか無く
それに合わせて設計された為です
また
隼は零戦と違い翼に機銃が積めない構造になっていましたので
機銃の数を増やしたり
翼に大口径の機銃を積む事が出来ませんでした
しかし
実際には
隼は大戦後半の重防御の米英機を撃墜しています
これは
日本陸軍の12.7mm機銃には
特殊な弾丸が採用されていたのが大きな要因だと言われています
それは
通称 マ弾と呼ばれるマ103で
この弾丸は当時の12.7mm機銃弾としては珍しい榴弾(炸裂弾)で
簡単に説明すると
通常の貫通する弾ではなく
爆発破壊する弾でした
この弾丸は一定の効果が有ったようで
この弾が当たった跡を見た連合国兵士は
20mm弾が当たっていたと勘違いしていたそうです
しかし
それでも
隼の武装の貧弱さは最後まで難点となっていました

次回
一式戦闘機 隼 誕生6


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

モデラーの空軍基礎 日本陸軍戦闘機10

一式戦闘機 隼 誕生4

一式戦闘機 隼
新型発動機 ハ25装備が決まり
機体の設計が始まりました
この頃
陸軍はノモンハンでソ連軍と戦闘状態に入っており
そこでは
日本陸軍航空隊が体験した事のない
大空中戦が
ソ連軍との間で繰り広げられていました
これは
航空撃滅戦と呼ばれる戦闘で
敵味方が
お互いの飛行場とその飛行機を撃滅し合う戦いで
いわゆる消耗戦でした
当初
新型の97式戦闘機を導入した日本陸軍航空隊が
圧倒的に優勢でしたが
後半になると
日本陸軍航空隊の優勢は
かなり縮小しました
それは
ソ連軍戦闘機の戦法が変わり
97式戦闘機が得意とする格闘戦を避け
ソ連軍は
97式戦闘機に対して一撃離脱方式を採るようになりました
以降
97式戦闘機の被害も増え
特に前線で指揮を執る指揮官機の被害が増えました
これは
太平洋戦争初戦での指揮官不足やパイロット育成の面で
大きく影響しました
それでも
97式戦闘機の損害よりも
ソ連軍戦闘機の被害の方が多かったので
日本陸軍戦闘機隊の士気は高かったようです
しかし
日本陸軍は
この被害の多さ
特に人的被害の大きさと
その補充の困難さに危機感を抱き
開発中の一式戦闘機 隼には
設計の段階で
防弾燃料タンクの装備を指示しています
隼 採用後にも
パイロットを守る為に操縦席周りと
パイロット後頭部付近に防弾板を設置する等
ある程度の防御を考慮していました
これは
日本海軍よりも先に航空撃滅戦を体験した
日本陸軍は
航空機の被害を抑える事の重要性に気付いていたからです

次回
一式戦闘機 隼 誕生 5


テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

イワークン ジーク

Author:イワークン ジーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR